プロフィール

 (小川桃佳)  momotan

Author: (小川桃佳) momotan
空を見るの大好き!
雲を見るの大好き!
大きな宇宙に守られて、今日も小さな幸せ感じてます。(それでも時々へこんでます)
だって人間だもんっ

誕生数秘学カウンセラー、
(あなたのお誕生日から性格、流れも見せていただきます)
スピリチュアルボイスカウンセラー。

良かったら、メールでも下さいね。
tokotan1107☆hotmail.com (☆を@に変えてねっ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護に活かすコミュニケーション講座

10日のヘルパーの勉強会です。
NLPを取り入れた講座という事でとっても楽しみにしていきました。
来月からは行かれないかもしれないし......ねっ。
それに、なぜか原稿も頼まれてますっ。ふぅぅぅ

まずは、心理講座でおきまりの規則
・ココで話した事は、絶対秘密厳守
・周りの人を尊重しましょう

NLPとは、Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略です。

1970年代に、米国カリフォルニアで、始められた言語学と心理学等を組み合わせた実用的なコミュニケーション心理学です。
創始者は、数学者のリチャード・バンドラーと、言語学者のジョン・グリーダーが当時、天才セラピストとして有名であった三人(ゲシュタルトのフリッツ・パールズ、催眠療法のミルトン・エリクソン、家族療法のバージニア・サティア)の優秀性やコミュニケーションのパターンを研究分析してNLPが生まれました。
その後、その効果の高さ、即効性で瞬く間に多くのセラピスト、カウンセラーに広がっていきました。現在では、更に医師、弁護士、ビジネス関連、スポーツ選手、教師などに広がっています。
(創始者が、数学者とか言語学者って言うのが面白いですね。
だから、神経言語プログラミングというのも納得できますねっ


その後、ペアで自己紹介。
相手を尊重しながら、お話をお聴きします。
お聴きする内容は
・名前 ・血液型 ・住んでいる所 ・今日の目的
と、いう事ですが......
会話が弾んで、笑顔が見られます。
さすが、介護職の方々、中々のコミュニケーション技術です。


この後、講師の方が「マズローの五段階欲求説」を話してくださいました。
その内容は、
1)生理的欲求
2)安全の欲求
3)所属、仲間の欲求
4)承認の欲求
5)自己実現の欲求です。
人は低次の欲求が満たされて初めて、高次の欲求に向かうという物です。

まずは、一段階めの「安全の欲求」、二段階目の「生理的欲求」がとても大切である事。
人は、初めての相手には、「どんな人だろう。分からないわ。」と不安な状態になります。
怖くて緊張しますよね。
特に新しく施設にいらした方は、不安な気持ちを抱えていらっしゃる事でしょう。
「ここは、安全な場所ですよ......と、緊張感をほぐしてリラックスできる状況」を作って差し上げなくてはいけませんよね。

メラビアンの法則ってご存知でしょうか。
人が人意思伝達する時の効果は下の割合になると言われています。
人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、

言葉(言葉自体の意味、話の内容)→7パーセント
音声(声の高低、大小、強弱、スピード、イントネーション)→38パーセント
外見(表情、動作、立ち振る舞い、服装、メイク)→55パーセント
と、いわれています。

それでは、どうしたら気持ちをほぐすことが出来るのか......
まずは
・暖かい笑顔を向ける事
・ペーシング(相手の話し方に自分の話し方をあわせる方法の事)
声のスピード、音程、大小、リズム、呼吸、環境、話題などを相手に合わせていきます。
相手にペースを合わせていくと、共通点が出来、親しみや信頼関係)が生まれます。
その中のひとつに「相手の言葉を繰り返す」バットラックというものがあります。
「いいお天気だねぇ」と、いわれたら、
「そう、良いお天気ですねぇ」と、返すだけで、心が通じ合った気がしますね。
ただし、「Doing(やり方)よりBeing(あり方)が大事」という事を忘れないようにして下さいね。
心がそこに入っているかどうかが大切なのですから。
技術じゃないですよねっ




その後は、「ニューロ・ロジカル・レベル」というお話でした。
人は、自分の大切にしている価値観があります。
その価値観を認められた時の感情を大切にしようというものです。
上位のレベルの変化は必ず下位のレベルに影響し、何らかの変化を起こします。

その5つのレベルとは、下から.....
1.環境 ・・・ あなたの周りの環境
2.行動 ・・・ あなたが取っている行動・振る舞い
3.能力 ・・・ あなたの才能や能力
4.価値観・信念 ・・・ あなたが持っている信念や価値観、信じていること
5.自己認識 ・・・ あなたが持っている使命・ビジョン

ここで、それぞれのレベルの自分自身のイメージをします。
そして、先生が、一つずつ問いかけをして下さいました。
あなたの○○(環境)は素晴らしい。
あなたの○○(行動)は素晴らしい。
あなたは素晴らしい○○(能力)を持っている。
あなたの○○(価値観・信念)は素晴らしい。
あなたは素晴らしい。

おなじ「素晴らしい」という評価の言葉ですが、どのレベルに対して言っているかで受け止めた時の感覚の違いを感じました。

そして、人をほめる時は、4.5などの上位へ向けるとより効果があるという事です。
また、注意する時は、下位にむけていいます。

例えば子供が椅子に座るときコップのお水をこぼしてしまったとします。
「あんた馬鹿だねぇ」と注意されるのと(その人の価値を否定しています)
「椅子に座る時は、もう少し良く見なくちゃいけないよ」(行動にむけています)
と、いうのでは......ねっ。
違いがわかりますよねっ

その後、短時間で、自分の長所、短所を書き連ねました。
すらすらとたくさん書く人、考えながらコツコツ書く人.....色々ですね。

先ずは、長所を書いたのは....相手の良い所を見るには、まずは、自分をどのくらい知っているかという事につながります。
そういう観察力が必要ですよね。

そして、短所を書いたのは.....本気で短所だと思っていると変えにくいですよね。
でも、角度を少し変えてみたり、発想を変えてみると.....長所になることはないでしょうか?
まずは無理をしないで、「変えられる所から変えていく」という姿勢が大切ですね。

NLPでは、これをリフレーミングといって、その人が持っている枠組(フレーム)を変えるものです。
見方を変えると、相手や自分に対しての思いも変わり、大きな視野で見ることが出来、自分を楽にしたり、相手とのコミュニケーションをよくする事に繋がります。

また、ペーシングなども単なる技法としてでなく、素直な気持ちで相手の心にあわせていく......。
そして、ご利用者さまが、安心して過していただけるように......
そんなコミュニケーションのとれた素敵な職場にしていきたいですね。

**************

これであってたかなぁぁぁ
すっかりと記憶から飛んでます。どうしよう.....






AUTHOR: みっちい DATE: 05/01/2008 09:21:29 なんとなく、感覚では、分かっているように思えますが
こういうふうに、きちんと、理屈で説明してもらえると
すとんと、腑に、落ちてくれますね
自分の経験だけで組み立てるのではなく、いい学びをされていらっしゃいます
それも方法(技術)ではなくて、中身(こころ)が大事なんだって、よく分かります
続きをお願いしますね

<< チャンスの神様に後ろ髪はない..... | ホーム | 長屋でござい~~!! >>


Comment

92さん、一応Aさんからも、了承いただいたので、これを原稿用にまとめます~~!!
ありがとうございましたぁ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。