プロフィール

 (小川桃佳)  momotan

Author: (小川桃佳) momotan
空を見るの大好き!
雲を見るの大好き!
大きな宇宙に守られて、今日も小さな幸せ感じてます。(それでも時々へこんでます)
だって人間だもんっ

誕生数秘学カウンセラー、
(あなたのお誕生日から性格、流れも見せていただきます)
スピリチュアルボイスカウンセラー。

良かったら、メールでも下さいね。
tokotan1107☆hotmail.com (☆を@に変えてねっ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボイスセラピー講座.....愛されていない時をアートで考える

昨日は、ちょっとハードな一日でした。
朝はボイスセラピーの講座にでて.....
昼からは、お寺の命想会のワークに.....
夜は、久しぶりに.....Sと.....

朝、パパリンNHKの文化センターまで送ってもらって.....
その間に、あーでもない、こーでもないって色々話をして.....
気持ちを吐き出して.....行って来ます~~!!(あはっ、出されっぱなしのパパリンはどうする??)

昨日の講座のタイトルは.....「愛されていない時をアートで考える」
まずは、深呼吸.....
鼻からすって、体の隅々までエネルギーを行き渡らせるようにはいていきます。
みなさんの呼吸を感じながら.....。

そのあと、いつものように絵本を「レオ・バスかリア」のパラダイスゆき9番バス。~もっと素敵な自分への出発

葉 祥明 さんの絵が本当に綺麗です。
この本はお勧めですよ~~!!
(今週末、初ボイスセラピスト??としてやってみるのですが、この本を使おうと思っています)

今回はその中の一つの「通じあうこと」

友だちってどんなひとのこと?
たまたましりあったひと ときどきあうひと 
毎日ほんのちょっとだけ言葉をかわすひと.....
そのなかの何人かを「友だち」とよんでいるけれど
ほんとうは「知人」にすぎないんじゃないかとおもうんです。
だって 友だちをもつということは もっとずって神聖なことだから。

考え方がちがう友だちは 人生の宝です。
わたしの意見に意識をとなえて よい刺激剤になってくれるから
方向性を考えなおすきっかけを あたえてくれるから
わたしの考えを深め 私を成長させてくれるから

もしも言葉で理解しようとしたり 理解されたりすることに失敗したら
相手にやさしくふれたり 抱擁したりしてください。
ひとりの人間が もうひとりの人間をあたたかく抱きしめる.....
そのとき 言葉ではつたえきれないなにかが たしかにつたわります。
からだからつたわる愛情を よみちがえるはずがありません。

相手のきもちに 耳をかたむけることを
おたがいになまけていると
ある日とつぜん 相手が見知らぬ人になっていた
なんてことになりかねません!

愛し合っているからといって 意見がおなじでなくもいい
たとえあなたが白だとおもい わたしが黒だとおもったとしても
灰色と共通点があるでしょう?
そこから 考えを一致させていけばいいのだから。

*********************

このあと、自分の好きな言葉のところをよんでいきました。
みなさんはいかがですか?

私は、
「ひとりの人間が もうひとりの人間をあたたかく抱きしめる.....
そのとき 言葉ではつたえきれないなにかが たしかにつたわります。
からだからつたわる愛情を よみちがえるはずがありません。」

ここを選んでみました。
そうあってほしいという人がいるので.....

そして、このあと、選んだ言葉の入っているところをよんでいただいて、声をリーディングしました。
お隣の人が「あのぅぅ、私、リーディングの意味がわからないんですけど」とおっしゃってました。
たしかに.....私もわかりませんでした。始めは.....いやぁ、今もかも?

ただ、おひとりお一人読んでいらっゃるのをリーディングさせていただいたのですが、自分の気持ちがちゃんと言葉に上乗せさせているんですね。
人を大切にしている人は「人」「相手」「他人」というような言葉を強く読まれたり
感情を大切にしている人はそういう感情表現の言葉を知らず知らずのうちに強めによんでいらっしゃいます。
ただの私の想像かもしれませんけどねっ。





絵本は.....フレネ学校「愛」について

この絵本は、南フランスにあるフレネ学校の子供たちが作った手作りの絵本です。
六歳から九歳までの生徒たちが「愛」について自分の考えを出しあい、リーズという11歳の女の子が、その文章を原書では清書しています。
これが本当に子供が書いたの?なんていうコメントなんですよっ。
おしゃまな女の子が、大人のような言葉で書いているのがちょっと可愛いです。

細かいタイトルに分かれていて、
「どうして両親より大好きな人が出来るの?」とか
「四歳の女の子が二歳の男の子にひとめぼれ」とか
とっても可愛いです。

そのあと、異性に愛されていない時、どんな気持ちになるか.....と、アートで表現してみました。

人型が書いてある画用紙に、クレヨン、色鉛筆、カラーウールなどで描いていきます。
それまで、「人に愛されていない時」というのが中々想像できなくて.....(いやぁ、そんなに愛されてると自信過剰なわけじゃないですがっ
パパリンに愛されていないと感じたらどうおもうかと、考えて書きました。
多分、目の前が真っ暗になります。
闇の世界ですね。
でも、書いていくうちに、今は見えないのだけど周りには、チューリップとか、太陽とか空とか.....
いつもの私のお決まりの景色があるきがしてきました。
そんな絵を描いてます。
私は視覚が一番弱くなる傾向がありますね。
ウンウン.....
それと、前回のワークでも、振り返りに書いたんですが.....
{なぜ影が苦手なのか?」.....ここにひょっとしたら結論があるかも?ですね。
子供の頃からどうしても暗い場所、閉所は苦手なんですから.....
視覚がなくなるのが怖いのかも?ですねっ

それが.....実は.....午後からのことに続くのですわぁ。







AUTHOR: moonchild URL: http://yaplog.jp/secret-7-4/ DATE: 03/16/2008 23:10:50 相手のきもちに 耳をかたむけることを
おたがいになまけていると
ある日とつぜん 相手が見知らぬ人になっていた
なんてことになりかねません!


これ そのとおりですよね・・・・。


う~~ん またまた なんだか がんがん 心にしみますうううう

<< 不思議なシンクロニシティ? | ホーム | ほしいもの~~!!.....大高輝美さんの本 >>


Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。