プロフィール

 (小川桃佳)  momotan

Author: (小川桃佳) momotan
空を見るの大好き!
雲を見るの大好き!
大きな宇宙に守られて、今日も小さな幸せ感じてます。(それでも時々へこんでます)
だって人間だもんっ

誕生数秘学カウンセラー、
(あなたのお誕生日から性格、流れも見せていただきます)
スピリチュアルボイスカウンセラー。

良かったら、メールでも下さいね。
tokotan1107☆hotmail.com (☆を@に変えてねっ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私をひらくトレーニング?......私の中のとらわれ

先週のトレーニングは、私の中のとらわれでした。

うーん、とらわれなんてあるのかなぁと思いながら、でかけました。

まずは、いつものように先回の振り返りをして......
次に「あなたはどう考えますか?」という質問事項を......
この質問事項に......
・非常に賛成
・やや賛成
・どちらでもない
・やや反対
・非常に反対
(質問事項は、コメント欄に書いておきますね)

そして、ペアで振り返り......
同じ事柄でも、とらわれ方が違いますね。
ほぅぅぅ。
私は、○○であるべきだとか、全く○○である......という質問事項がどうも苦手みたいです。
これも何か縛られたくないという私の気持の現れでしょうか。

その後、男性とは......とか、女性とは......とか書き出して行きました。
男性は、たくましく、仕事が一番、泣けない、寡黙、経済力がある
女性は、気遣い、家事、育児、介護、優しくなければならない。怒ってはいけない
なんて、世間的には色々なとらわれがあるんですよね
(私は意外と男性、女性という見方をしないかも?とこの質問で思えました。
でも、家に帰って考えたら、一つ大きなとらわれがありましたけどね)
でも、世の中は、まだまだ......ですね。

そして、今度は「わたしの中のとらわれ」
」について......
「私が~しなくてはならない」
「私が~してはならない」と自分自身や、自分に関わりのある人たちに課している事を日常レベルで思いつく限り書きだしてください。
例えば「私は母として朝早く起きて食事の仕度をしなければならない」
「私は女として自分の意見を言ってはいけない」

私の場合は......
・私は女性として、人に優しくしなくてはならない
・私は女性として、常に笑顔でいなくてはならない
・私は母として、子供をきちんと育てなくてはならない
・私は妻として、夫の事を常に大切にしなくてはならない
・私は常に暖かい家庭を築かねばならない

なんてでてきましたよぉぉぉ

さて
・その考えは、誰からもらったか
・いつからそう考えるようになったか
・きっかけになる出来事のようなものはあったか

とらわれが多くなれば、やはり生きづらさがありますよね。
気持も不安定になるかもしれないし。
そうすると、社会や地域や慣習などの外的抑圧とともに、
自分のとらわれで内的抑圧も大きくなります。

「つらいなぁ。何でだろう。そうかっ自分にはこんなとらわれがあるんだ」と気が付くと
次の段階に行く事ができますよねっ
例えば「食事を作らねばならない」というとらわれも、
「食事は手作りでなくてもいいじゃないか」と自己決定すれば、自分が主体的になり、気持が楽になりますよね。

その後、皆で色々振り返りをして......
親子関係の事、周りの環境から受ける事......などを話し合いました。

ココで気が付いたのは、私の「いつもニコニコしていなければ」とか、「人に優しく≫というのは、
両親からの摺り込みだったのかも知れないけど......
今は自分でそれを選んでいる......自己主張的な事になってますよね

ただ......家に帰って、一番とらわれているのは......
「いいお母さんでなくてはいけない。お母さんという立場が一番」と思っている事。
だから、その部分を捕らえられると弱いんですよね。
「お母さんの育て方は......」と言われるのが一番辛い。弱い......
なんとかこのとらわれをどうにかしなくちゃ前に進めないなと思っている所です。

みなさんは、とらわれているものありませんかぁぁ






AUTHOR: momotan DATE: 11/27/2007 12:35:26 続き......

11.女性は自分のキャリアを考えるよりも、まず育児と家事を自分の仕事であると考えるべきである。

12.重要な仕事を数々抱えていても、女性の本来いるべき場所は家庭である。

13.私は、夫が家事をうけもち、妻が家計をまかなってもいいと思う。

14.男でも女でも、同じ仕事に対しては同じ賃金が支払われるべきだ。

15.私は妻を働かせて自分は家でこどもの世話をするような男性を尊敬する事はできない

16.肉体的な重労働が女性にむかないように、感情的特質ゆえに、女性に向かない仕事もあると女性自身が自覚するべきである

(YWCA資料より)

<< もやし大好き | ホーム | 言葉の宝石箱から >>


Comment

listenさん、こんばんは
そうですか~~!!
これ、すごいキャリアレディって感じですもんね。
listenさんはとっても聡明だから、お仕事も一杯あると思いますよっ。
それにしても、この質問、さすがに女性の講座って感じがしますよねっ

7個位○があったな でも 色んな角度から考えると また違ってくるなあ 難しいよ
私もとらわれているものが多すぎて 本来上手く行かなくてはならない 事 を 大事にできていないような 誤解を受けることも多い 子供のことを思うと 胸がきゅんとする。 これで良かったのかなあと思うことも多いし・・・昨日 そんなことを記事にしていたらパソコンがおかしくなって 消えちゃった (-_-) 長く書いたのにぃ・・ もう書けないわ
書くなと言うことなのかな 随分 くら~~い漢字の文章になったから。どうでもいいと思うことまで とらわれてしまうと 自分が 息苦しくなるよね。もっと楽ししてあげないと

木蓮ちゃん、意外と分かってないようで......とらわれがあるんだよね。
今日もトレーニングにいってくるから、また記事かくね。
きっとね。
囚われているものを「捨てる」か、「これでいいんだ」と自分が納得していくか......だよね。
書いていると簡単そうなのだけど、意外と厄介な心の問題でございます~~!!
あはっ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。