プロフィール

 (小川桃佳)  momotan

Author: (小川桃佳) momotan
空を見るの大好き!
雲を見るの大好き!
大きな宇宙に守られて、今日も小さな幸せ感じてます。(それでも時々へこんでます)
だって人間だもんっ

誕生数秘学カウンセラー、
(あなたのお誕生日から性格、流れも見せていただきます)
スピリチュアルボイスカウンセラー。

良かったら、メールでも下さいね。
tokotan1107☆hotmail.com (☆を@に変えてねっ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私をひらくトレーニング ? からだの声に耳を澄まそう

昨日は、自己尊重トレーニング三回目にいってきましたぁ。
この講座は、とっても楽しくて......楽しくて......
一人はしゃいでます。
この間、Sの同期のaiちゃんに、「いやぁ、そういうムードメーカーは必要ですから」なんていわれて更にお調子に乗ってますっ。
あはっ。

昨日はプチ遅刻。
みんな、運動できる服装でゴザの上に座ってました。
ヨガのように足を組んで座っている人、正座している人......それぞれにリラックスしていて良いですね。

さて、まずは、先生がおもむろにクレヨンを取り出してきて......??
すると今度は模造紙が出てきました。(おっきいっっ)
「その上に、人型を書きたいのね。だから誰か寝て下さる?」と。
いやぁ。私はまずいでしょう。紙が足りません......あはっ。
それで、とっても可愛い人が寝て下さって......まずは人型を書きました。

それから......
「自分の気になる所に、クレヨンを持って......をかいてね」と。
胸に書く人、足に書く人、手に書く人etc......
(ちなみに、私は、もちろん、太い手足にかきましたわ。頭もぼけてるから書いたし)

「じゃ、今度は、気にいっている所に、を、書いてね」
これも、目に書く人、手に書く人、足首に書く人......
(私は、目と、口と、手首(一応昔は細かった)

それで皆で分かち合いをして......
ほぅぅ。なるほど。
みんな色々気にいっていたり、気に入らなかったりしたところに理由があるのねぇ。
そのたびに「へぇぇ、私はあなたのその部分、すごい好きなのにねぇぇ
ほうぅぅ、そこは確かにすてきっっっ」なんていってみたり。
(ココがオバサンの図図しいところ?だって......みんな気にしなくてもとっても素敵なのに)

その後、もう一度
「今度は、女性として損をしていると思うところを △で書いてね」と。
みなさん、色々かいてましたねぇ。足が小さくて靴がないとか......
(すみません。全く私、思い当りません)

「では、女性として得をしていると思うところを  を付けてくださいね」
ある人は、料理できる手......なんて、女性的ですねぇぇ。
(私?......ひぇぇっ、目と口にしました)
なぜって?聞きたいですか?
笑ってごまかす口、泣いてごまかす目......あはっ。
パパリンにいつもこの手で甘えてます。これ、得してるって事じゃないんですかねぇぇ。

最後に全体の分かち合いもしました。
一ついえるのは、人の価値観は違うってことですね。
例えば、料理にかんして言うと......
今までの自分は、あまり上手じゃなかったけど、今の自分はまだあまり上手じゃないけど、少し上達したから好きとか。

同じ料理が上手じゃないという事でも、「女性は料理上手じゃないといけないという囚われがあったりすると、違いますよね。

それと、気に入ってる、いってないの判断はどこでするのかしら?
マスコミなどのファッション雑誌が「これぞ女性の美」なんていう風に思ってしまう人は、やはりコンプレックスを感じてしまうんでしょうねって。
また、昔から男性より女性の方が、「見られる」「美しいものがいい」という感覚があるかもしれないですね。
それが、一番初めに書いた、「内的抑圧」かもしれないですね。
ちょっと気をつけよ~~!!

その後、ゴザの上をゆったりと歩いて、足の裏の感覚を感じて見ましょう......と。
「今、砂浜の上をあるいてます」とか
「さぁ、波がきましたよ」とか
「また、砂浜の上を歩いてみましょう」とか......

そして、寝転がってみます。
では......
「足に力を入れて息をすってみましょう」......はい、はいて......
「お腹に力を入れて息をすってみましょう」......はい、はいて......
「胸に力を入れて息をすってみましょう」......はい、はいて......
「顔に力を入れて息をすってみましょう」......はい、はいて......
......だったと思いますがちょっと違ってるかも?
とにかく、リラックスして息を吐くんですね。
そして、体がどんな風に感じるかです。

その次は、二人一組になって......
一人が馬とびの馬のように、腰を曲げて、一人が手のひらでトントンと......
これもメチャ気持がよかったです。

そのあと、もう一つのリラクゼーション。
まずは、手の指をもちあげて離してみる......力が抜けていたら自然に倒れます。
緊張感があると、自分で気持をいれるから、変なところで持ちあがったりします。
アレクサンダーテクニークに似てますねっ

それを足もやったり......
その後、足の長さがちがうんですねぇ。
そして、片方の感じをみてみる......(私は、あぁぁ、こちらは生きてるぅぅって感じがしました)

そして、もう片方も同じ事をします。
さて、両方した時の感じは?.....(あぁぁ、両方とも生きてるっっ。あはっ)

実はね.....この時、私とペアの女の人はとっても意気投合して.....
その人が「はい、一万円コースですね」とか。
それで、私も「はいはい、気持ちいい~~!!さすが一万円」なんてね。
先生もニコニコ笑っていらっしゃいましたわ。
先生が手を掛けてくださった後は「どうです?店長の方が上手でした?」なんて聞くから大笑いです。(あっ、これ彼女がいったんですからねっ)あはっ

そのあと、膝枕もしました。
これがめちゃ、気持が良いの。
それで、「ごめん。私、足が太いから正座すると高くなっちゃうから、崩すね」と小さな声でいったつもりが......
バレバレ......大爆笑。ひぇっ

その後、振り返りをするのだけど.....
人に体を触れられるのは緊張するのだけど、片方が終わったら緊張感が解けてましたとか。
気持ちよかったぁとか。
色々な話がでましたよっ

私は.....人見知りのはずなのに.....「はじめから、力がぬけてましたぁ。それと、
私は女性として損をした事があまり思いつきませんでしたから、今の自分を「あるがまま、なすがまま」
受け入れてるのかもしれません」
と、言ってから.....へぇぇ。私そう思っているのだぁと、自覚しちゃいました。
楽しい時間でしたよ~~!!

昨日は帰りにキヨちゃんに、コーンブレッドと丸ごとアップルパイをいただき、更にご機嫌~~!!

***************
さて.....
自己尊重......と、検索していたら、こんなhpにヒットしました。

自己尊重とは......

自分を好きになる技術






AUTHOR: mokuren DATE: 11/16/2007 10:20:57 私もちょっとやってみようっと 自分の気になるところ・・ありすぎて書ききれないかも
自分の気に入っているところは 白紙状態だしい
自分を好きになる技術 参考になります ありがと!!
でも・・すごく楽しそうだね 必要のない緊張感は 身体を硬くして 良いことはないってことだよね
今の自分を 「あるがまま なすがまま:」 これいいよね
いつも心に置こうっと

<< どんぐりころころ.....三番目の歌詞 | ホーム | 真っ青な空に...... >>


Comment

occhi ちゃん、自分を大切にする.....
すごく奥が深いですね。
でも、基本は自分の命を大切にすることなんでしょうね。
そう思いますっ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。