プロフィール

 (小川桃佳)  momotan

Author: (小川桃佳) momotan
空を見るの大好き!
雲を見るの大好き!
大きな宇宙に守られて、今日も小さな幸せ感じてます。(それでも時々へこんでます)
だって人間だもんっ

誕生数秘学カウンセラー、
(あなたのお誕生日から性格、流れも見せていただきます)
スピリチュアルボイスカウンセラー。

良かったら、メールでも下さいね。
tokotan1107☆hotmail.com (☆を@に変えてねっ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌は、朗読の音楽バージョン?

昨日、会社のお友達とランチにいってきました。
この方は、私よりひとまわり上で......色んな話を聞いて下さるんです。
ご自分が過ぎた年月の中の経験を色々話して下さったり......

その方が、ふっと......「昨日、襟裳岬の歌をきいてね。ほぅぅぅ」と思ったの。
ヒットしたから、メロディに注目したりしてたから......

それで、私も気になって一度歌ってみました。
えっ?
こういう内容だったの?
この詩を読むと、人の気持、辛さ、暖かさを感じますね。
書いてみます。

「襟裳岬(えりもみさき)」

岡本おさみ作詞・吉田拓郎作曲

北の街ではもう 悲しみを暖炉で
燃やしはじめてるらしい
理由(わけ)のわからないことで 悩んでいるうちに
老いぼれてしまうから 黙りとおした歳月(としつき)を
拾い集めて 暖めあおう
襟裳の春は 何もない春です

(中略)

寒い友だちが 訪ねてきたよ
遠慮はいらないから 暖まってゆきなよ

全部の歌詞はこちらで見てくださいね。

******************

生きているだけで、悲しい事にもいっぱい出会うし......
自分ではどうしようもない事も、思い悩んだりするし......
前の事をくよくよしたりもするし......
でも、笑える日もちゃんとくるしねっ

それまでは、支え合って、暖めあっていきましょうかっ。

*******************

「何もない春」......色んな物を捨てて、また何もない所から、歩き出すって事でしょうか?

音楽は、詩を朗読するように......
心を入れて歌うものかもしれないですねっ







AUTHOR: mokuren DATE: 10/26/2007 14:42:41 こうして詩だけ読んでみると また違った感じを受けるね。

言葉を大事に唄う どうも森進一さんのあの独特な声が先に来てしまうので
詩をこんなにじっくり読んだことがなかった。

昨日ね 気功整体してもらったら「木蓮さん 何か自分の事じゃなくていっぱい考えているでしょう」と手を取って・・「お母さんの事じゃないな・・」 って。確かに 自分ではどうしようもない色んな事を 知らず知らずのうちに考えているんだよね

自分で感じなくなったのは むしろ重症かしらねえ・・・なんて自分の事書いてしまった

<< ヒーリング・キャット | ホーム | おはようございます~~!!......東の空からもパチリ >>


Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。