プロフィール

 (小川桃佳)  momotan

Author: (小川桃佳) momotan
空を見るの大好き!
雲を見るの大好き!
大きな宇宙に守られて、今日も小さな幸せ感じてます。(それでも時々へこんでます)
だって人間だもんっ

誕生数秘学カウンセラー、
(あなたのお誕生日から性格、流れも見せていただきます)
スピリチュアルボイスカウンセラー。

良かったら、メールでも下さいね。
tokotan1107☆hotmail.com (☆を@に変えてねっ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷川俊太郎さん.....?ネロ

昨日のトークでも、舟木さんが、「いやぁ。よく使わせていただいてるんですよ。著作権の問題とかあるでょうけど」と話されると
俊太郎さんは、(この呼び方がお好きなのだとか).....「いやぁ、読んでいただいたり、使っていただけると嬉しいですよ。全くかまいません」と。
なんというおおらかな.....

二部は、会場のみなさまのご希望も聞いてくださって.....
読まれた詩の一つです。

ネロ -愛された小さな犬に-

 谷川 俊太郎

ネロ
もうじき又夏がやってくる
お前の舌
おまえの眼
お前の昼寝姿が
今はっきりと僕の前によみがえる
お前はたった二回程夏を知っただけだった
僕はもう十八回の夏を知っている
そして今僕は自分のや又自分のでないいろいろの夏を思い出している
メゾンラフィットの夏
淀の夏
ウィリアムスバーグの夏
オランの夏
そして僕は考える
人間はいったいもう何回位の夏を知っているのだろうと

ネロ
もうじき又夏がやってくる
しかしそれはお前のいた夏ではない
又別の夏
全く別の夏なのだ

新しい夏がやってくる
そして新しいいろいろのことを僕は知ってゆく
美しいこと みにくいこと 僕を元気づけて くれるようなこと 僕をかなしくするようなこと
そして僕は質問する
いったい何だろう
いったい何故だろう
いったいどうするべきなのだろうと

ネロ
お前は死んだ
誰にも知れないようにひとりで遠くへ行って
お前の声
お前の感觸
お前の気持ちまでもが
今ははっきりと僕の前によみがえる

しかしネロ
もうじき又夏がやってくる
そして
僕はやっぱり歩いてゆくだろう
新しい夏をむかえ 秋をむかえ 冬をむかえ 春をむかえ 更に新しい夏を期待して
すべての新しいことを知るために
そして
すべての僕の質問に自ら答えるために

(「二十億光年の孤独」・昭27)

*****************

この詩をお聞きして、私は、パピィのことを思い出し.....一人で涙が出てきました。
それほど素敵な朗読でした。
人から読んでもらうのは、こんなに幸せなことだと.....
心の中に、ドンドン暖かい気持ちが伝わってきました。
18歳で作られたという詩。なんて素晴らしい感性なんでしょうねっ


また、その反面.....俊太郎さんの言葉の中には、うんこ、しっこ、おならなんていう言葉ができてます。
でも、これは、俊太郎さんがちっとも、「きたない」という意識が無いから、ユーモラスにかけるのだそうです。
いつも自然に色々なものを捉えていらっしゃるのですね。

では.....おならの詩をひとつ

おならうた
 谷川 俊太郎

いもいくって ぶ
くりくって ぼ
すかして へ
ごめんよ ば

おふろで ぽ
こっそり す
あわてて ぷ
ふたりで ぴょ

*****************

もう一つ.....言葉遊びのうたを

「かっぱ」谷川俊太郎

かっぱかっぱらった
かっぱらっぱかっぱらった
とってちってた

かっぱなっぱかった
かっぱなっぱいっぱかった
かってきってくった

******************

ちょっと楽しいですよねっ





AUTHOR: デュエット DATE: 04/30/2007 15:02:25 十代の谷川さんの詩、すなおで気持ちがよいですね。
どういう人が詩人になるのかと思っていましたが、なるほどと思いました。

<< 谷川俊太郎さん?.....あかんぼのうたと、鉄腕アトム | ホーム | 谷川俊太郎さん.....? 日本語のかたち >>


Comment

夏・・・思い出がちょっと色褪せしつつ、輝きも失わず・・・って感じです。
夏・・・を思い出すだけで、40年前にもすぐに戻れる不思議な感触です。

デュエットさん、俊太郎さんは、本当に素直に自然に.....
そして、そのままお年をとって.....
若い感性と、年齢のままの経験と.....
本当に素敵なお方でしたよっ

木蓮ちゃんちのクルミちゃんも、きっとね.....
千の風になって、木蓮ちゃんのそばにいると思うわ。
我が家のパピィがいない冬も一つすぎました.....

かっちゃん、そうですか。
お友達に教えてもらった手遊びね.....
懐かしさが一杯になりましたかぁぁ

atennto07さんの夏は何か素敵な思い出があるのかしら?
なるほど.....季節の言葉でも、その時のそれぞれの夏を思い出せるって事ですね。
またまたメモメモ.....
回想法の一つの心がけにいれさせていただきますっ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。