プロフィール

 (小川桃佳)  momotan

Author: (小川桃佳) momotan
空を見るの大好き!
雲を見るの大好き!
大きな宇宙に守られて、今日も小さな幸せ感じてます。(それでも時々へこんでます)
だって人間だもんっ

誕生数秘学カウンセラー、
(あなたのお誕生日から性格、流れも見せていただきます)
スピリチュアルボイスカウンセラー。

良かったら、メールでも下さいね。
tokotan1107☆hotmail.com (☆を@に変えてねっ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨木のり子さんの詩から......

今日、こピー室のお友達が詩集を貸してくださいました。
茨木のり子さんのものです。

前にも記事に書きましたが......

自分の感受性くらい......と言う詩、いつ読んでも......「ハイ」と姿勢を正したくなる気持になります。
一部かいてみますね

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

******************

また、「さゆ」と言う詩......
これも......うふっと、笑えて大好きです

もうひとつ「癖」という詩の中で......

好きなら好きとまっすぐに
ぶつけてくれればいいじゃない
遅かった菊ちゃん!もう手も足も出ない
小学校出てすぐあなたは置屋の下地っ子

以来いい気味 いたぶり いやがらせ
さまざまな目にあうたびに心せよ
このひとほんとは私のこと好きなんじゃないか
と思うようになったのだ

****************

私もこの詩を読んで、嫌な事を言う人は......
ひょっとしたら私の事好きなんじゃないか?と......なぁんてねっ。
でも、確かに、本当に嫌いな人には、無視をするだろうし......
何かしら関わってくる人は......
相手の事が本当はとっても気になるのかも??ねっ


****************

今日もひとつご紹介しますね。


「知命 」 茨木のり子
 

他のひとがやってきて
この小包の紐 どうしたら
ほどけるかしらと言う 

他のひとがやってきては
こんがらかった糸の束
なんとかしてよ と言う 

鋏で切れいと進言するが
肯じない
仕方なく手伝う もそもそと 

生きてるよしみに
こういうのが生きてるってことの
おおよそか それにしてもあんまりな 

まきこまれ
ふりまわされ
くたびれはてて 

ある日卒然と悟らされる
もしかしたら たぶんそう
沢山のやさしい手が添えられていたのだ 

一人で処理してきたと思っている
わたくしの幾つかの結節点にも
今日までそれと気づかせぬほどのさりげなさで
 
◇「知命」?天命を知ること。命数を悟ること。
?《論語・為政に「五十にして知天命(てんめいをしる)」とある》五十歳の別称。
~『広辞林<第六版>』1986、三省堂より


ここのブログでもみなさまに、本当に言い尽くせないほど助けて頂いてます。
ありがとうございます。






AUTHOR: moonchild DATE: 04/10/2007 22:13:45 以来いい気味 いたぶり いやがらせ
さまざまな目にあうたびに心せよ
このひとほんとは私のこと好きなんじゃないか
と思うようになったのだ


こ こ これは・・・ ふんふん りんりんに 教えてあげます・・・。

いろんな 素敵な 言葉たち ですね・・。

<< 健康診断に行ってきましたぁ | ホーム | 今日の車中.....横入りは.....? >>


Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。