プロフィール

 (小川桃佳)  momotan

Author: (小川桃佳) momotan
空を見るの大好き!
雲を見るの大好き!
大きな宇宙に守られて、今日も小さな幸せ感じてます。(それでも時々へこんでます)
だって人間だもんっ

誕生数秘学カウンセラー、
(あなたのお誕生日から性格、流れも見せていただきます)
スピリチュアルボイスカウンセラー。

良かったら、メールでも下さいね。
tokotan1107☆hotmail.com (☆を@に変えてねっ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと元気が......

およはうございます。
いつも元気印の私がイマイチの朝です。

この所、パピィの具合がよくないのです。
もう半年くらいになるでしょうか。
糖尿のためか右目が白内障になり、糖尿の治療を続けています。
それでも、左眼も白濁してきて、見ているだけで悲しいです。

先週、お散歩に行き、一度倒れたようです(パパリンが散歩に連れていた途中だったので)
多分、一時的に低血糖になったようです。
それ以後、右回りにぐるぐるまわるようになり、バランス感覚がなくなってきました。
見ているのが......ものすごく辛いです。
(多分、左の脳梗塞のようです)
パピィは、いつも外で飼っているのです。
(家に連れてきてもどうしても家の温度になじめなく仕方なく外で暖かくしているのです。)
時々、ガラス戸にぶつかっている音がしたり、犬小屋の中でぐるぐるまわる音がしたり。
すごく悲しい音です。

日曜日、回想法の師と、お友達の看護師さんに話しました。
師は、
「本当はね。動物は意外と最後まで元気なのだけど、今は治療をしたりするから
どうしても寿命も延びていくのだけど、それが良いのかなぁ。
momoのお家のパピィは、春には最期の時だったかもしれないね(確かに病院ではいつ逝って
しまってもおかしくない状態と言われました)
だから、今苦しいのは、伸ばしているためだよね。今からは自然に生かしてあげたら?」と。

そういっていた矢先、昨日も変なうめき声のような声がしたので、外を見ました。
パピィが横たわってます。失禁もしています。
それも犬小屋の外で、冷たいコンクリートの上でです。
あわてて、家に連れてきました。ほとんど意識もないし......
その口元に、パパリンがこの間作った干し柿を一口入れてみました。
すると、パピィはスクッと起き、干し柿をもっとと欲しがります。
結局は一つ食べさせてあげて、一晩付き添いました。
途中になんどか起きたのだけど、横にさせると寝ていました。

ヘルパーの知識は、家では使いたくないなぁといつも思っていたのだけど......
まさかパピィに......
それが悲しいです。

でも、朝は元気になっていたから、母に任せて、少し外の空気を吸わせてみます。
だれもいない家の中より、母の傍でみてもらったほうが良いでしょう。
でも、こんなときでも仕事にこないといけない自分がとっても悲しいです。
今の時期、どうしてもお休みが出来ないし、先月は娘の為にしっかりとお休みしてしまったし。
私は情けない飼い主ですね......

今日はパパリンとの映画の約束は止めて、早めに家に帰ります。
そんなことしか出来ないから......

今日もみなさまにとって良い日でありますように......
そして、パピィにも......


続きを読む »

スポンサーサイト

VDT検査とインフルエンザの注射

今日は、前から会社で申し込んでいた診療所で目の検査にいってきました。
視力検査や、乱視の検査・・・・・
なんだか、最近、線がダブルのですよねっ
これって、乱視?うわっまずっっっっ

あとは、四角い枠の中にお魚の絵が何番に入っているか・・・・・なんていうのや・・・・・
放射線の真ん中に「あ」の字が書いてあるらしいのだけど・・・・・
(私は全く見えませんでした~~!!その後レンズを入れてもらい、納得)
それがボケてきたら、ボタンを押す、
見えてきたら、ボタンを押す・・・・・なんて検査だったり。
(正直に言うと・・・・・あまりたいした物ではないのですが・・・・・毎年やってるから)あはっ

その後、問診・・・・・
実は、最近、胃の調子がおかしい感じがして・・・・・
ガンではないか?なんて思ったりしてます。
でも、痛い感じがするのってこんなに太ってないよなぁぁと思ったり。
そう思うと、食べている割に、お尻が小さくなったような??そんな気がするから不思議です。
(しっかりと存在感のあるお尻は顕在ですけどね)
そのことを先生にも話してみました。
すると、「このあたりだよね」と、私の少しヘンな感じの場所を言い当ててくれました。
どうもその場所は、大腸の曲がり角らしいのですね。
だから、不快感があったりするのだそうです。
ただ、問診だけで、なんともいえないからね・・・・・と。

とにかく、胃には、ポリープもあるし、肝臓にはのう胞っていうのがあるらしいので(でも、これも心配ないそうです)
その割には元気な私ですねっっっ

その後、インフルエンザの注射。
直前に会社の若い女の子が「いたい。痛い」ってひぃひぃ泣いていたんです。

それで聞きましたよ。先生に・・・・・
「あのぅ、会社の子が痛がってましたけど・・・・・そんなに痛いんですか?」と。
すると、先生も看護婦さんも、「針を入れて液を入れるとき痛いかも?」と。

心して、望みましたよっっっ
針が入り・・・・・ちくっっっ
液が入り・・・・・ちくっっ
でも、私・・・・・それだけで、たいして痛くなかったのですよね。
いやん、わたしったら~~!!
相当感度が鈍いようです。

それとも、お注射って、脂肪の厚みに関係します?
どなたか教えてくださいまし~~!!


続きを読む »

朝から泣いて、笑って......

電車を降りて、会社まで地下を歩きます。
ウィンドゥには、可愛いディスプレーが......
いつもこのブティックのディスプレーで色々な情報を感知してます。
今日は、少し模様替えされていて......
可愛いファーがついたカーディガンとの組み合わせでした。

そう言えば......似たような物を娘がきてた......
ここから、またまた寂しい病が......
昨日楽しい会話したのになぁ。
メソメソ......(泣くなっmomo)

会社につくと......
お向かいの席の人が「安物だけど」と、東京ばな奈のチョコをくれました。
いつもは無愛想な彼なんですけどねっ
ちょっと嬉しい神様の贈り物。

メソメソmomotanは、ちょっとニコニコ......
何しろ単純ですから......



続きを読む »

あれぇぇ??

この所、毎日お忙し隊の日々が続いてます。(あはっ、人事のようだわっっつ)
朝起きると、少し喉が痛いのですよ。
それでも、おきてしまうと、なぜか元気なのが不思議ですね~~!!
この小さな体(横は広いけど・・・・・)で意外と体力はあるようですねっ

昨日、会社の女の子に「忘年会しましょ」と二人に別々にお誘いを受け・・・・・
カレンダーを見ました。
木曜日はもちろん、いかれない・・・・・
金曜日?・・・・・えっ?もう詰まっているよっ
カレンダーにマルをつけていくと、予定のない日の方が少なくなってます。

うーん、こんな事で良いのか・・・・・
パパリンと二人で映画を見に行きたいし・・・・・(もちろん、土日はパパリンにベッタリ??)
でも・・・・・
あと、二人の人にも誘われているし・・・・・
山手線一周ウォークにも回想法の師に誘われているし・・・・・(年末深夜29日ね)

風邪を引かないように・・・・・頑張りましょっ・・・・・とっ
自分に言い聞かせているところです。
こんな不良主婦で良いのかしら?

みなさまも、お風邪など引かないようにしてくださいねっ。
今日もみなさまにとって良い日でありますように・・・・・


続きを読む »

婿殿・・・・・かわゆい

土曜日は次女夫婦が来てくれたから、楽しい時間を過ごしました。
彼は、結婚してから、さらに打ち解けてくれたような気がします。
それがね・・・・・とっても嬉しいですよ。

彼の笑顔はものすごく可愛くて・・・・・(綺麗なえくぼが出来るんです)
その笑顔で娘を見つめてくれるのかと思うと、親としてはものすごく嬉しいです。

いつもね。
お歳暮には。姪の嫁ぎ先の農園から林檎を送ってます。
今年は、彼のお家にも送ろうかな~~!!と、次女にメールしました。
すると、こんな返事がね・・・・・
「二人だけになっちゃったから、どうかなぁ。
でもね。○○ちゃん(婿殿)がお林檎大好きなんだって・・・・・」と。

嬉しいですね~~!!
早速姪に送ってもらうようにメールしました。
可愛いですね~~!!
私はこうして、素直に甘えてもらうのが大好きです。

やっと可愛い婿殿が増えた・・・・・そう思えるようになってきました。
彼は、どことなく品がよくて・・・・・
ちょっとだけ優しい雰囲気がパパリンに似ています。)

何しろ一番そっくりで驚いたのは、自分たちの本籍を実家のままにしておくという事。
パパリンもそうだったのですよね。
我が家にますおさん状態で住んでいるのに・・・・・
本籍は、自分の遠く離れた実家にしてました。
そして、いう事も同じ・・・・・
「親がいるうちは、そこにおいておきたい」と。
いう事まで同じだから・・・・・笑えてしまいます。

でも・・・・・
そんな親思いのところも似ていて大好きです。

私や娘が・・・・・「わがままです~~!!」と顔に書いてあるように・・・・・
パパリンと婿殿には・・・・・「優しいです~~!!」と書いてあるような?

と、パパリンだけじゃなくて、婿殿もベタ惚れしている私ですよ~~!!

ps,そう言えば......
私の父も本籍を変えなかったなぁ。
自分の家を建てる時に変えるんだと、私の子供の頃にいってました。
その当時は、色んな書類に戸籍謄本などを付けることが多くて、取り寄せるのに
ものすごく苦労したんですけどね。
今ではちょっと懐かしい思い出ですけど。


続きを読む »

あなたの笑顔をみていると......

あなたの笑顔をみていると
なんだか心が癒されます

あなたの瞳の中には
なんだか天使が住んでるみたい

あなたの笑顔をみていると
なんだか一緒に笑おうと思います

本当はね
笑えるときばかりじゃないのだけどね

あなたの笑顔をみていると
そんな気持になるから不思議です

あなたの瞳の中には
やっばり天使が住んでいるのよね

お仕事中でも、時々あなたの笑顔を
そっと眺めている......

おっとと......さてさて......
笑顔のあなたに負けないように
私も笑顔でお仕事開始です



********

毎日私の前で笑ってくれる
パソコンの中のあなたに......


続きを読む »

ちょっと疲れたぁ

昨日は先日の朗読の先生のライブでした。
それも、朝から一般人の私がお手伝い・・・・・
なんだ不思議ですね・・・・・
五時少し前まで交流会やらで、ご一緒してました。

また、その後今年初の忘年会でした。
ヘルパー講座の時の同期生とです。

そして、今日は朝から次女夫婦がお土産を持ってきてくれたのだけど・・・・・
お昼ごはんを食べる時間もなく(次女も用事があったみたいです)二時間ほどで帰ってしまいました。
その後、慌てて回想法のセミナーへ。
私の師が講師だったので、それなりに、両方には気を使いましたぁ。
そして、恒例の先生との飲み会・・・・・

ちょっと疲れましたぁ。

また、細かい事は書きますね。
書きたい事が一杯あるんだもの。
では・・・・・おやすみなさいまし~~!!


続きを読む »

おはようございます~~!!

今日も爽やかに一日が始まりそうです。
朝から「さださま」の歌を聴いて......
娘たちの披露宴の写真を壁紙にして......超ご機嫌。(親バカちゃんりん~~!!)
あはっ

さて......
今日もみなさまにとって良い日でありますように......


続きを読む »

気持が嬉しい......

さっき、長女からメールが来ました。

「昨日ね......
京都にいってきたの。
お土産買ってきたから、今日は何時に帰りますか?
届けて上げたいから......」

それだけの短いメールだったけど......
嬉しかったから書いちゃいます。

でも、今日は電話研修の日。
うーん、娘の楽しそうな話が聞けないぃぃぃぃ

「京都の紅葉は綺麗でしたか?
残念ながら、今日は遅くなっちゃうの。
パパリンがいるから、届けて上げてください~~!!」とお返事しました。

ちょっとほのぼのmomoですっ


続きを読む »

今日の車中......優先席マーク

いつも思うのですが......
優先席の所に付いているマーク。
あれって、すごくよく出来ている気がします。
○と、直線?の組み合わせで......
お子さん連れ、妊婦さん、高齢者の方、障害の方......
これを考えた人ってなんて素敵なんだろうと......

ではでは......いつから出来てるのか......
好奇心の旺盛な私、気になって調べました。

■優先席■

 JRで一番はじめに優先席が設置されたのは1973年のことです。
設置当時は「シルバーシート」と呼ばれ、お年寄りや体の不自由な方に譲るよう
表示されていましたが、最近では「優先席」と呼ばれるようになり、お年寄りや
体の不自由な方のほかに乳幼児を連れている方や妊娠している方も含まれるように
なりました。
 横浜の市営地下鉄では平成15年12月から全ての席が優先席になっています。

***********

意外と古くからあるものなのですね......ほぅぅっっっ




続きを読む »

今日は一日ぐうたらりん

朝、パパリンと一緒に車の車検に・・・・・
前回、どうしても交換する部品があるとかで・・・・・
それにしても、こんなボロ車を車検は受けたくないのだけど・・・・・
今年は、物入りでしたからねぇ。
まっ、仕方ない・・・・・
二人で乗れればいいもん。

その後、ぶらぶらとディスカウントショップや、ブック○フさんにもより・・・・・
「離婚バイブル」などという本を迷いながら買ってきました。
それを見たパパリン
「どうしてそんなもの買うの?」と。
「だって、離婚の心構えやら、法律的な事が書いてあるんだよ。きちんと知識に入れておかなくては」と私。

なんだか、パパリンはちょっと不満なようなのだけど・・・・・
今の時代、そういう事も少し知っておかないとね・・・・・
すべては、私の電話相談の覚悟です。
もちろん、頭の中に入れておくだけで、何かに使う気は無いけど・・・・・
読んでいると、離婚の大変さ、覚悟が伝わります。
相当な覚悟で・・・・・その後も辛いんだ・・・・・と。
それが本当に本当に少しだけでも、心に止まった気がします。

それとね・・・・・
昨日の、ご葬儀にご家族を見ていて思ったこと。
これからが寂しいんだろうなぁと。
こういう時に、あるある探しの回想がいるだろうな・・・・・と。
葬儀社でボランティアでもさせてもらいたいなぁ・・・・・とね。

そう思ってたら、そのことを後押ししてくれるようなお友達の言葉。
私って・・・・・本当に・・・・・なんだか分からないけど、やろうと思った事は誰かが後押してしてくれる。
最近、そんな事がおおいなぁ・・・・・
不思議です。


続きを読む »

どちらを選んだら良いのか・・・・・

今朝パパリンと葬儀場に行くとき、話したことです。
亡くなられた方は、ずっと糖尿で闘病していらっしゃったのです。
それまでは、ワンマンで鳴らした方だから、「飲んではいけない。甘いものは食べてはいけない」と
奥様は目を光らせるのに相当大変だったようです。
でも、そのおかけで12年も頑張る事ができたんですよね。

父も糖尿でした。
そして、直腸がんでした。
大好きな大好きな父が・・・・・です。
病気になったときも悲しかったけど、残されたいのちの時間を知らされるのがものすごく辛かったです。
私の回想法のはじめの原点である終末ケアに、ひかれたのもきっとこの事があったからだと思います。
余命を自分が知る事は本当に辛い事ですから・・・・・
今は告知などもされる時代ですからね。(父は最期までガンとは思っていなかったけど)

パパリンとお向かいの話をしていて、「厳しく目を光らせて一日でも長く生きてもらうというのを取るか、好きなものを食べさせてあげるか」と。
父の場合は、私は最後に前者を取ったんですね。

父のいのちがその年の間にもつかもたないかという時・・・・・
父が千代の富士の連続優勝のテレビを見ながら言いました。
「キャンディが食べたいなぁ」と。
私は迷いました。
糖尿ですからね。そんな事が許されるはずもありません。
インシュリンを打ったりしているのですから。
でも・・・・・スーパーでノンシュガーのキャンディを買ってきて、一粒渡しました。
父は・・・・・「違うんだよ、アイスキャンディー」と。
まさか真冬にアイスキャンディーなんて思いもしませんでした。

2.3日迷いましたね。
どうしよう・・・・・と。
でも、小さな小さなアイスをかってきました。
私と半分こねっと。

父は、嬉しそうに「ミルクの味がする」と食べました。
甘くて美味しい・・・・・と。
半分位食べた時、「鬼娘だぞぉぉぉ」とおどけながら半分取り上げました。
「もう、momoは厳しいんだから」と、父は言ったけど、それほど怒ってはいませんでした。
多分父には、私の気持ちが見えていたのではないかと思います。
その時、私のしていたマスクが・・・・・涙を隠してくれました。
少し風邪気味でしたからね。
マスクしていて良かった・・・・・

もちろん、表面的には看護師さんにしっかり叱られましたが・・・・・
みなさん、心の中ではそんなに怒っていなかったと思います。

父は結局、肺炎になっていて次第に悪くなる前に、突然夕飯の誤嚥で生涯を閉じました。
今年も12月13日がやってきます。
正月前ギリギリでは、家族が困るのではと、そんなふうに気配りの父でしたから・・・・・
自分の死期を早めたのかもしれません。

今でも、アイスをたべさせた事は後悔はしていないけど・・・・・
だってそんな事できるの・・・・・私しかいないもの。



続きを読む »

お向かいのご葬儀から学んだ事

今日のご葬儀から色々なことを学ばせていただきました。

昨日、お向かいにご挨拶方々お参りに行ったとき、お嬢さんが色々話してくれました。
お父様は、糖尿で、透析などもして12年経つ事、
その途中、お母さまが胃がんになり、(この方はその八年ほど前にも乳がんの手術していらっしゃいます)
お父様のお世話、お母さまのお世話をして(このとき、お父様には胃潰瘍と言っていたそうです。お父様がパニックにならないように)
そういう時、自分の気持ちの中で整理がつかなくて、人にも話せなくて、精神的におかしくなったそうです。
入院を勧められたとか・・・・・
仲良くしていたのに、私は全く気がつきませんでした。
それほど、彼女の心は閉ざされていたのでしょう。

でも・・・・・ここで考えます。
もしも、見ず知らずの人にでも聞いてもらったらどうなるのかなぁと。
話す事で少し気が楽になったのではないのかなあ・・・・・と。
私は、そういう相談員になりたいなぁとつくづく思いました。
それには、やはり話やすい雰囲気をつくらないとねっ。

また・・・・・
私は葬儀の事でいつも思うのですけど・・・・・
最後のお手伝いをさせていただける事は本当に嬉しいことだと。(嬉しいという言葉はふさわしくないかもしれませんがそう思うのです)
前に、お向かいのご主人(今回のお隣の方)が亡くなったとき、ある方に受付をお願いしたけど、断られたとおっしゃってました。
この喪主である奥様は、少し変わった方ではあるのだけど・・・・・こういう時のお手伝いを断る気持ちは私にはわからないなあ。
その時、お向かいであることもあり、パパリンは大阪から帰ってきていたので、お手伝いをさせてもらったのだけど。
人の最後は大切じゃないかなと私は思うのですよね。
大きな葬儀をするとか、そういう事でなくてね・・・・・
気持ちのいい送り方をしたいと思ってます。

だから、葬儀屋さんとか、お寺様とかはすごいなぁと思ってます。
このブログでも、葬儀屋さんの方がいらつしゃいますが、いつも暖かいお話をお聞きするたびに、
自分まで心が暖かくなります。

また、お寺様も、暖かいお説教をしていただきますが、こういうのもすごいなぁといつも思います。
私の尊敬する職業のひとつでもあります。
人が一番落ち込んでいる時にお手伝いできるお仕事・・・・・良いですね。



続きを読む »

ないない・・・・・から、あるある探しへと

次女の結婚のお話を書いてから、みなさんが幸せそうな家庭だねと言ってくださるのですが・・・・・

それなりに、悲しいこともあったなと思い起こします。
今年は長女の結婚もあるはずでした。
7月には9月の挙式の打ち合わせで、少し一方的な先方ともめ、その場で長女が過呼吸の発作を起こしました。
初めてみたからものすごく怖かったです。
その時に、先方からそれはひどい罵倒の言葉の数々・・・・・
それでも、この泣き虫が一粒の涙も見せなかった・・・・・
パパリンと二人で、だまって手を握り合った・・・・・
その心の中では、涙の雨が降っていたのですけどね・・・・・

その時、次女はいつも私の話をウンウンと聞いてくれて、いつも励ましてくれてました。
(そんなにうまく言葉を使うわけではないのですけど、親子ですからね、気持ちは伝わります)
ある日、ふっと、思ったのですよ。
次女の結婚も11月に迫っている。
ここは、次女の幸せな相談に乗らなくては・・・・・と。
この次女も私の大切な子供なのだからと。
いつもいつも次女を頼ってましたからね・・・・・
この子は(細木さんのいう)土星人なので、気持ちが言わなくても通じている所があります。

長女は、それでも、彼と付き合って続いていて、二人で住むはずの家に同居しています。
それは、私の年代ではなんだかとっても許しがたいような事実なんですけどね。(今時はと、わかってはいるのだけど・・・・・)

でもね・・・・・
次女の結婚式から色んな事が見えました。
まずは、長女の彼・・・・・
結婚式の当日、パパリンが長女を迎えに行ったら彼が出てきたそうです。
「今日はご結婚おめでとうございます。きちんとお祝いを言いたかったので・・・・・」と。
かえりも遅くなる長女を一時間かけて迎えに来てました。
いつでも、長女が中心で、大切に大切にしてくれています。
だから、あの時の罵倒も長女のことを思ってのことだったのかもしれません。
そう思える歳月が過ぎました。

長男は、次女の結婚から私たちがどれだけ寂しがっているのか理解しているらしく、いつもは
ほとんど話をしないのに、色々と話をしてくれるようになりました。
今日のお向かいの葬儀に会社の行きに出席してくれたのも、私にとっては嬉しいことでした。

次女の結婚式の前、寂しさを持ち続けていた私ですが・・・・・
こういう気持ちもあり・・・・・ですよね。
結婚するという事で、こんなに寂しい思いをする私。
そうでもなく、ただ嬉しいという思いの人。
色んな人がいてもいいですよね。

私は前に電話研修のことでとってもいい言葉を聞きました。
「心の川を流そう」「感情を味わう」
今回、これをすごく感じました。
開き直って今の感情を味わう事にしました。

あるある探しの弟子である私なのだけど・・・・・
時にはナイナイ探しばかりしているときもあります。
自分に自信がなくなったり
自分がこんなにしてるのに分かってくれないと思ったり
ナイナイはドンドン膨れ上がります。

次女がいなくなる
私の話し相手もなくなる
私の子どもでなくなる・・・・・
おかしいですよね。
でも、そんな気持ちが渦巻いていたのは事実だもの。

それが、ここできちんと結婚式の様子を書き出して・・・・・
素直に素直に・・・・・思い出すのです。
そして、次女の満面の笑みの写真をみて・・・・・

あぁ、このこの笑顔には幸せが一杯あふれている。
長女も、その彼もこんなに落ち着いて笑顔でいてくれる。
長男は無口なのに、一生懸命笑顔でみなさんと話し相手をしてくれている
そして・・・・・
私には、こんなに素敵なパパリンがいる・・・・・

ナイナイから、あるあるへの転換が何とかできました。
長女も、一応私学ではあるけど法科大学院に合格したし・・・・・(入学するのかは分からないけど)
中国語の先生との素敵な出会いによって、元気を回復しているし・・・・・
心配な事は、長男がちょっと健康診断で糖尿の気配が出たこと。
これも本人が体の健康に関して自覚出来るようになってきたから、よしとします。

綺麗事ばかりでなく、真面目に、寂しがったり、悲しがったり、そんな私もいるって・・・・・
どうしても書きたかったので、書いちゃいましたぁ。

私は・・・・・本当はメチャダメ人間なのです。
それを自覚しながら、これからも前に進んでいきます・・・・・






続きを読む »

違う場所で見るパパリン

昨日は、半日お休みをして、お通夜のお手伝いをしてきました。
最近はホールでやる事が多いので、ほとんどパソコンでの受付になりますよね。

パパリンは、とにかく早めにいこうというので、今日も11時半からの式なのだけど、10時着を目指してます。
こういう時のパパリンは、ものすごく頼もしいです。(いつもだけどぉぉぉ)
何でもてきぱきとしてくれるし・・・・・

実は・・・・・
気配りの役目はいつも私だと思っていたのですけどね。
私の気配りは、きちんと予定をたてて不安要素を取り除くためのものだけのような気がします。
ただ、自分の為に不安な部分を神経を使うというのか・・・・・

それがパパリンは、その場の雰囲気をきちんと読めるのですよね。
だから対応がマンツーマンで中々すごいです。

昨日も、お向かいさんが私たちに恐縮して何度も「申し訳ないですね」と繰り返されるのだけど、
私たちは、父の時にお世話になっているから当然だしそのことをお伝えするだけです。

そこでいつも無口なパパリンなのだけど、「それはご心配なく・・・・・」と言った後
「それよりもね・・・・・お気遣いされるからね。心労で倒れないように」と。
その時、相手の方から(男性)ポロっと・・・・・
うーん、さりげないのに、なんという言葉だ・・・・・
私には、この言葉は出なかった・・・・・

また、仕事から慌てて一時間かけてきた長女。
本当に時間がずれたのだけど・・・・・
私は来てくれたことに、まずは感激(パパリンにこの子は似ているかもしれないなぁ)

次女はまだ新婚旅行だからいないけど香典だけ用意しました。

長男は、多分仕事の前に(仕事が不規則ですからね)電車を途中下車して来てくれるはず。

私が、このお向かいさんにしたい事を子供たちもパパリンも理解してくれてるんですよね。
普段「もう~~!!」と思っている子供たちなのだけど、こういう優しさだけはちょっと嬉しいです。

朝から、パパリン自慢と、子供自慢してしまいましたぁ。
気持ちが通じるのが・・・・・嬉しいんだもん。ごめんなさい・・・・・です

ではでは・・・・・いってきます~~!!

今日もみなさまにとって良い日でありますように・・・・・


続きを読む »

早朝の電話

6時半ころ、電話がなりました。
パパリンが出たのだけど・・・・・
「えーーーっっ、それは・・・・・」と声が詰まっています。
聞くと、お向かいのご主人が亡くなったとか。
子供たちの小さいときから色々とお菓子や果物を一杯頂き、お世話になってました。
私の父が亡くなったときも、本当に色々心配りをしていただいたり・・・・・

パパリンと早速出向いて、ご挨拶だけしてきました。
今日は会社にいってお昼から帰ってこよう。
苦しい時には、そばにいたいから。

心からご冥福を祈ります。


続きを読む »

親子は似ています?・・・・・継続は力なり

娘の結婚式の時、フラワーアレンジの先生とお話してました。
先生が・・・・・
「ねぇ、お母さん、すごく彼女は上手になりましたよね。継続は力なりってこのことですよ。
本当に綺麗にアレンジできるようになりましたよ」と。

実は・・・・・ねっ。
その週の回想法の勉強会の時、私の師から同じ事を言われたのです。
見学の方がいらして、その方に向けて、師が突然「momoちゃん、桃太郎の回想してみなさいよ」と。
えーーーっっっっと思いながらお話を進めました。
「桃太郎ってご存知ですよね・・・・・あの川ってどんな川だって思います?」と。
しばらく私のやりとりを聴いていた先生。
突然「momoちゃん、いつの間にそんなに成長したんだぁ。継続は力だね・・・・・」と。

自分では何も変わらないのですけどね。
普段ほめない先生からそんな言葉を頂けるなんて・・・・・感激していました。
そういえば、一般ピープルのパンピーと呼ばれていたのに、いつのまにかmomoちゃんと呼ばれるようになっている。

その二三日後、同じ言葉を娘の先生から聞けるとは・・・・・
嬉しい限りでございます。

一日一日は成長が見られなくても・・・・・
やはり続ける事は、大切なんですねぇ


続きを読む »

娘の結婚?・・・・・その夜のババリンと私

帰りの車の中、パパリンと私はいつものように話をしなかったなぁ。
パパリンは、一粒も多分涙を流さなかったけど・・・・・
私にはパパリンの涙が見えたから・・・・・
「良いお式だったよね」と。
それだけを繰り返していた気がします。

それと、息子がいつもは無口なのに、がんばってビデオやら撮影してくれて、この子はこんなに妹思いだったの?などと思えたよねと。
あるある探しが一杯できたよねと。

帰って一息ついて、一緒にコーヒーなどを飲んでいたら・・・・・
娘たちから電話がかかりました。
「今日のお式、どうだった?何してるの?」と。

もちろん、二人が精一杯考えたお式ですもの。
とても暖かくて、みなさんに気配りが効いていてよかったよ・・・・・と。
そう伝えました。

その後、少し話をして・・・・・
パパリンとケーキ入刀したケーキを切り分け、パパリンが彼からもらってきた包みを開けました。
可愛いプーさんのアルバムが出てきました。
表紙にはオールヌードの娘の写真。
そうかぁ。
一生懸命スキャナで撮っていたなぁ・・・・・
引越しから帰ってこなかったのも、これを作っていたからなんだ。
そういえば、母も花束とアルバムをもらつていたっけ・・・・・

表紙を開くと・・・・・
彼からのメッセージが・・・・・
○ちゃんのお父さん、お母さん

今まで○ちゃんを大切に育てていただき本当にありがとうございました。
○ちゃんと晴れの日を迎えられたことをたいへん嬉しく思っています。
これからも、末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。・・・・・と。
次のページには彼の赤ちゃんの時の写真。
次のページには娘の写真。
あちこちに二人がミックスして登場です。

娘の写真には・・・・・
いつもパパリンの顔・・・・・
時には、だっこ、
時には、肩車
時には、おひざ・・・・・
いつもいつもパパリンのそばにくっついているのです。
そして途中には、彼と娘が和装で写した写真の数々・・・・・
いつも、彼が娘を見つめていて・・・・・
そして、クルクルお目めの娘も、彼を見ているのです。
愛が一杯あふれているのですよ。

パパリンは一言・・・・・「彼は中学から顔が固まってるんだねぇ」と。
なんだかおかしなコメントをしていました。
いつまでも少年のような瞳の彼と・・・・・
クルクルおめめの娘の見つめあいが続くように・・・・・

心から祈ってます。




続きを読む »

娘の結婚?・・・・・おしまいはガーデンにて

いよいよ、クライマックス。
少し肌寒いけど・・・・・ガーデンで、フルーツビュッフェです。
ケーキ、フルーツ、お飲み物。
寒いと思う方は、お部屋で・・・・・
彼と娘はみなさまへ開放的な雰囲気の中でご接待です。
(気配りしすぎて疲れないかしら?と思うような優しい二人です・・・・・(婿ばか、娘ばかっっ)





次は、娘が持っていたブーケを独身の女性のみなさまに・・・・・
さてさて、誰が、このブーケに繋がるテープを持っているのでしょう?

娘の会社の同期の女の子が引き当てたようです。
良かったね・・・・・次はあなたの番ねっ。
お幸せを祈りますねっ・・・・・





いよいよ来てしまいました
弦楽四重奏が・・・・・「秋桜」を奏でます。

困った・・・・・涙がとまらない・・・・・
しっかりしなくちゃ・・・・・momo

娘がぽつりぽつりと読みます

*****

お父さん、お母さん、おばあちゃん・・・・・
今まで27年間、私を愛情一杯育ててくれてありがとうございます。
小さい頃は泣き虫だった私。
よく、お父さん、お母さん、おばあちゃんを困らせていましたね。
お父さんのひざの上が私の大のお気に入りの場所でした。
高校を卒業し、わがままを言って大阪に引っ越したあの日。
初めて家族と離れた瞬間。
とても寂しく悲しかったのを今もすごく覚えています。
家族の大切さをしみじみ感じました。
そして、今まで愛情一杯育ててもらって私は幸せものだと思っています。
晴れの旅立ちを迎えられたのは、お父さん、お母さん、おばあちゃんのお陰だと心から感謝しています。
今日、私は彼と結婚しますが、変わらぬ愛情で見守ってください。
これから彼と二人で素敵な家庭を築いていけるよう頑張りたいと思います。

 平成17年11月12日 ○より

*****

私の為に考えてくれた「秋桜」のメロディ。
でも、それはなぜか遠くに感じられ・・・・・
私は涙、涙で・・・・・
胸に抱えた薔薇の花の甘い香りに包まれていました。

その後、彼からパパリンに・・・・・
娘から、彼のパパに・・・・・包みが渡されます。





その後・・・・・予期せぬ事が起こりました。

母が呼ばれたのです。
「おばあちゃん、いらしてください」と。
母は突然のことに顔が高揚し・・・・・
それでも前に進んできました。
娘が花束を手渡そうとするかしないか・・・・・のとき、
「一度だけだっこさせてね」と。
母の愛が、深く深く感じられた瞬間でした。

私も・・・・・この母の子供でよかった・・・・・そう思ったのは言うまでもありません。

その後、またまたびっくりするような事が・・・・・
急に、コーディネーターさんが呼ばれました。
すると、二人は、ここまで来られたのは○○さんのお陰なので・・・・・と。
花束を受け取ったコーディネーターさんは、涙でぐちゃぐちゃでした。





その後、パパリンと、彼のパパのご挨拶。

パパリンは、何も考えてこなかったというからものすごく心配したのだけど・・・・・
こんなふうに挨拶をしました。

******

今日はお忙しい中、ありがとうございました。
昨日までの雨で、お天気をとても心配しておりました。
今朝起きて、晴れた空を見て、あぁ、良かったと思ったしだいです。
また、雲ひとつないなぁと真っ青な空を見上げておりましたら、雲が二つ、ゆっくりゆっくりと流れて行きました。
私にはまるで、二人の門出を祝福してくれるそんな二人の雲のような気がいたしました。
実は・・・・・このお天気もなのですが・・・・・
この娘は、とても運の良い娘で、高校受験、大学受験、そして就職。
大阪の大学にいながら地元の企業に難なく就職でき、本当に運の良い子だと思っています。
そしてそこで、○○くんと知り合い、今日の日を迎えました。
どうぞ、ご列席のみなさま、この娘の運をみなさまも共にお持ち帰りください。
そして、これからもこの二人の為に暖かい手を差し伸べていただきますよう心からお願いいたします。

********

パパリンの挨拶はそれはそれは心がこもっていたと思います(夫ばかだっっっっ)
でもね。
パパリンは実は、こんな詩的な人ではないのです。
どこで仕入れてきたのかと後で聞いたのですが・・・・・
本当に空を見ていたら、雲が二つ流れてきたんだそうです。
花嫁の父は、神様が詩人にさせてくれたのかもしれませんね。

そして、彼のパパのご挨拶も終わり・・・・・
みなさまと共に暖かいお式が終わりました。
スタッフさんやみなさまの助けが無かったらここまで来られなかったと思います。

友達に余興も頼まないし・・・・・
親族紹介もいいよね・・・・・などと言っていたのでハラハラしたのですけどね。
一人にお願いするのではなくて、みんなで一緒に楽しみたいという事だったのだとお式が終わって思いました。
何もかも二人で計画したので、行き届かなかった事ばかりだったと思うのだけど・・・・・
私にとってはこの二人がとっても大きくて暖かくて・・・・・そんなふうに思います。

自分たちの貯金もすっからかんなんて言っていましたが、それはそれで良いでしょう。
ここまで暖かく作れた結婚式。

みなさんに感謝して歩いていってね。
そして、幸せになってね。
母はそれだけを祈ります・・・・・

婿殿・・・・・どうぞ娘をよろしくお願いいたします。




続きを読む »

娘の結婚?・・・・・パーティその2

さてさて・・・・・
お決まりのウエディングケーキ入刀。
その後、ファーストイーティングっていうのでしたっけ?
彼は可愛く切って、娘の口へ・・・・・
さて、娘は・・・・・
あららっっ、
なんだか、ケーキが切り難いようです。
どうしたんだろう・・・・・うまく出来るのかしら?
ハラハラ・・・・・ドキドキ・・・・・
するとぉぉぉ。
もう~~!!
私の娘ですねぇ。彼の口の三倍ほどのケーキを持ち上げてます。
オイオイ~~!!
それを彼は、目じりを優しく下げて、「あーん」
でも、入りきりません。
全くぅぅぅぅ。もうっっっっっ


するとぉぉ・・・・・
ご両親さま・・・・・前に・・・・・と、呼ばれるではないですか。
え??
ご両親ってパパリンと私よね・・・・・
パパリンと顔を見合わせながら、恐る恐る前に・・・・・

すると・・・・・二つのケーキが厳かに運ばれてきました。
そのケーキには「お父さん、お母さん、ありがとう。いつまでも変わらず見守ってください」と。

あぁぁぁんん。
ダメだ・・・・・涙がポロポロ・・・・・(泣かせないでよぉぉぉっっっ)

でも・・・・・でも・・・・・
ものすごく嬉しかったよ。
あなたたちの気配りが・・・・・本当に嬉しかったよ・・・・・ありがとう。

それから、彼からも娘にプレゼントが・・・・・
そういえば、誕生日プレゼントもらってないって言っていたなぁ・・・・・
実は・・・・・娘は7日が誕生日。
彼がプレゼントとして、お花のハサミをいれるバックをプレゼントしてくれました。
腰につけて、先生のアシスタントできる日が来るのでしょうか?
二人の笑顔は輝き通しです。
見ている私たちも笑顔・・・・・笑顔~~!!(泣きながらも笑顔って作れるんですね)

さてさて・・・・・お色直しの間・・・・・
パパリンと私はご親戚へのご挨拶へ・・・・・
飲める方が多いらしく、ビールは早く空いてしまいます。
それだけ楽しいお酒ということでしょう。
その間に私の料理はドンドン席にたまっていき・・・・・
でも良いや。食いしん坊より、ここは、愛に生きるとします。






ライトが消え・・・・・
二人がキャンドルを持って入ってきます。
キャンドルリレーというらしく、娘たちがキャンドルをひとつ灯すと、その方が、お隣の席に・・・・・
笑顔と笑顔のリレーです・・・・・

その後、席に戻った彼と娘のもとへ・・・・・
彼の弟クンと、我が家の長女がキャンドルに灯を灯します。
これで、すべてのキャンドルに灯がともったわけですねぇ。
中々幻想的でした。



次は・・・・・
お花の大好きな娘が考えたフラワーイベント。

一人、一人に薔薇の花が一本づつ配られます。
そして・・・・・
「じゃんけん大会」の始まりです。

彼とじゃんけんをするのですが・・・・・
彼に負けた人は、お隣さんに薔薇を差し出す。
勝者の手の薔薇はドンドン増えて行きます。
全員が心がひとつになって、楽しくて・・・・・楽しくて~~!!

最後に、彼のお父様の方のおば様が抱えきれないほどの薔薇を獲得しました。



が~~!!
これだけで終わらなかったのですね。
娘のフラワーアレンジの先生がニコニコと登場。

え?
何?
花束に今からするの?
先生の魔法のような手は、次から次へと花を束ねて行きます。
それだけで終わらず、綺麗にアレンジしているのです。
このおば様の笑顔は、たとえようもありません。

中々花束をもらうことは少なくなってきた年代。
それを大勢の人に見守られ受け取るのですから・・・・・
おば様の笑顔もとびっきりのものでした。

後でのおば様のコメントは「私のような物がこんなにしていただいて良いのでしょうか。
嬉しくて嬉しくてたまりません・・・・・」と。

良いのですよぉ。
私の息子と、娘からの気持ちです。
どうぞ末永くよろしくお願いいたします・・・・・と、私が心の中でつぶやいたのは言うまでもありません。


娘の結婚?・・・・・挙式も終わり、ガーデンから、パーティ会場へ

ガーデンに出て・・・・・
フラワーシャワーで祝福を受ける彼と娘・・・・・
こんなに嬉しそうな幸せそうな顔・・・・・
今まで見たこともないように思います。
嬉しさの中に寂しさが少しだけ・・・・・(おっととと、いけない、いけない)


その後、バルーンを飛ばします。
幸せを一杯のせて・・・・・とんでいってね。
そして、色んな方に幸せを運んであげてね・・・・・


広いガーデンを利用して・・・・・
シャンパンサーベル。
彼の友達が三人・・・・・(さてさて、うまく出来るかな?)

※シャンパンサーベル・・・・・その昔、「フランスの海軍が航海の無事と戦いの勝利を願って、サーベルでシャンパンの首の部分を切り落とし、武運を祈った。」というのがシャンパンサーベルの由来。今ではおめでたい席での縁起かつぎに行われます。

彼はさすがに決まってましたぁ。
さすが~~!!わが婿殿~~!!(すでに婿ばかっっ)




パーティ会場では、先生が心を込めて作ってくださったもみじが・・・・・
先生いわく「外はまだ紅葉が早いけど、ここだけは思いっきり紅葉させて上げたい」と
作ってくださったらしいのです。
幸せな娘だぁ・・・・・わがままなのだけど、なぜか人には受けがいい???


少しヘアアレンジをしてきた娘の前にはお花が一杯・・・・・
フラワーウェディングをしたいという希望だったらしいのですよっ
弦楽四重奏の調べと共にさらにパーティは進みます・・・・・



娘の結婚?・・・・・いよいよ挙式です

娘のお仕度がはじまり、パパリンと第二陣で来た長女と私はヘアメイクを・・・・・




長女はさすがに若いだけあって決まる・・・・・(親ばかちゃんりん~~!!)


それに比べて私のスタイルは・・・・・あぁぁっっ。ふぅぅぅっっっ
ブタとタヌキが混じってます・・・・・こんなに太ってる。あぁぁ。
ダイエットすべきであったぁ。

娘のお祝いのメッセージにはこんなふうに書きました。
「私の大切な三番目の天使さんへ
結婚おめでとう。幸せになってね。
そして、いつまでもいつまでも私の可愛い娘でいてね。
本当におめでとう・・・・・」と。
これが精一杯だったわ・・・・・




厳粛な音楽にのって・・・・・
パパリンと、次女が・・・・・(ぼかしいれてます~~!!あはっ)
後で聞くと・・・・・次女は12センチのヒールを履いているので、歩きづらいのに、パパリンはメチャ早足だったとか?
(パパリン、だめじゃん~~!!)


誓いの言葉、賛美歌も終わり・・・・・
彼と娘の幸せそうな後姿に、涙がぽろぽろ・・・・・



続きを読む »

娘の結婚?・・・・・お仕度までのくつろぎの時間

家を出て、次女と二人で、電車に乗り彼と合流です。
「おめでとうございます~~」と私。
彼は真面目なさわやかな笑顔で「ありがとうございます」と。

地下鉄は混んでました。
ひとつ空いた席に娘を座らせ、囲むように三人で話してました。
そこへ、車椅子の方が何人か乗っていらっしゃいました。
ガイドヘルパーらしき方の姿も・・・・・
こういう晴れの日に、自分の関わりのある方とお会いできるなんて・・・・・
これも、神様からのお祝でしょうか。
なんだか気持ちがほのぼのしました。

地下鉄からタクシーに乗り、式場へ・・・・・



玄関には娘のフラワーアレンジメントの先生が心を込めて生けてくださったお花がおで迎えです。


スイートルームに通されると・・・・・(ここは一日二組の挙式なので、二部屋豪華なお部屋があります)
大きなバスがあります。
二人の名前のバスローブと、タオル・・・・・
暖かい気配りが隅々まできいてます。



トイレにも・・・・・さりげなく・・・・・


彼は、細かい気配りの効く人できちんと心づけもご祝儀袋に入れて用意してありました。
私のやる事がないぞぉぉぉっ。
でも、ここはでしゃばらず、おとなしくしていよう・・・・・
こんなに二人で色々考えているのだもの。
喜んで良いところだわ。

そして、「娘は、ちょっとわがままだから、よろしくお願いしますね」と言うと・・・・・
彼が「いいえ、四年間のうちで、色々な部分を見ていますから、大丈夫です」と。

その後、喧嘩した話をしたのだったか・・・・・(きっかけは忘れちゃいましたが)
あらぁ・・・・・というコメントが聞かれましたよっ。

引越しして、仕事もして、家事もして、大変だったのでしょう。
「一度、押入れに隠れていた事があるの。でも隠れるのも、お布団を出してから入らなくちゃいけないから大変だった」と。
あはははっっ~~!!
もう大爆笑。
と・・・・・言うのは・・・・・
彼にも言ったのですよ。
「あらぁ。私・・・・・教えてないんですけどぉぉっ。
実はね・・・・・私もパパリンと喧嘩して、洋服ダンスの中に隠れた事があるの。探してくれないと寂しくてね」と。
彼・・・・・「お母さん譲りだったのですね」
あははっ。本当に血は争えません。

さてさて・・・・・いよいよお仕度ですよっ



続きを読む »

娘の結婚?・・・・・お出かけ前(ご挨拶)編

昨日の朝は、「あぁぁ、一週間過ぎたんだ」となんだか複雑な気持ちでしたが・・・・・
やっと、書ける気持ちになってきました。

当日の朝・・・・・
夕方からの挙式だったので、ゆっくりと朝起きた次女。
普通の顔をして「おはよう」なんて母の家からやってきました。(裏の母の家に住んでいるから)
私も普通に「今日はおめでとう」と挨拶をして・・・・・
なんやかやと準備をしていました。

出かける少し前、もう一度母の元にもどっていった彼女。
私は母に少し用事があったので、そっとみていると・・・・・
母に挨拶をしています。
うわっ。私は、されたくないよぉぉぉ。

また我が家に戻ってきて、「ここでもしようかなぁぁ」と、ポツリ。
うーん、どうしよう。ドキドキ・・・・・
パパリンは、朝からそわそわとして、庭そうじなどをしているのです。(そんな時しなくてもいいのにぃぃ)
仕方なく、「パパリン~~!!お嬢ちゃまが、ご挨拶だってぇぇ。早く座ってしっかりと聞きましょう~~!!」とおどけた私。

娘が「27年間、大切に育てていただいてありがとうこざいます。
今日嫁ぎ、彼と仲良く生活をしていきます。ありがとうございます」と。
その後、「戻ってこないようにするからっ」と、小さくて可愛い舌を出しました。
グッッッッッッッッッッッッ
その瞬間、涙がボロボロ・・・・・

パパリンは「しっかりやってね。でもね・・・・・いつでも相談できる家があるって事。忘れないで、
いつでも見ているからね」と。

娘は「ハイ」と小さく答えました。

私・・・・・何も言えない
口から思わず出た言葉は「色んな事をしてあげたかったのに、結局何もしてあげられなくて、ごめんね」と。

娘は「ウウン・・・・・」と言いながら涙をポツン・・・・・

これ以上泣かせるとまずいと思ったのか、パパリンは・・・・・「はいはい、じゃ、お仕度、お仕度~~!!」と。

パパリンの心の中で涙があふれそうなのが見えました・・・・・



続きを読む »

扉・・・・

前にも書いたのですが・・・・・
私の大好きな高村光太郎さんの詩。
僕の前に道はない
僕のうしろに道は出来る

いつもこの言葉を大切にしてきたのですが・・・・・
最近、なぜか自分の前に道が出来ているようで、ちょっと困ってます。

そんな時、時々、送ってくるメルマガで、こんな良い言葉が出てきました。

幸せの一つの扉が閉じると、
別の扉が開く。しかし、

私たちは、閉ざされた扉を
いつまでも見ているために、
せっかく開かれた扉の方が
目に入らないのです。

(ヘレン・ケラー)


ふうっっと。心のもやが晴れました。
そうかぁ。
私は別の扉をいつも開けているのかもしれないと。
前に出てきた扉をひとつづつあけているのかもと。

それとね・・・・・
9月頃悩んでいたメル友さんのこと。
今では、全く交流がなくなり(だから、性格を毎日否定される事はなくなりました)
ストレスがなくなりました。
良いことなのか、どうかはわからないのだけど・・・・・
とにかく、このことに対してのストレスが全くなくなり・・・・・(これが閉じた扉だったのかと思います)
多分、前に見えた扉を開けることで精一杯だった私は、閉じた扉をいつまでも見つめていなかったのでしょう。

このヘレンケラーさんの言葉をそんなふうに受け止められる自分がここにいます。
あの時、みなさんに後押ししていただいたお陰ですね。
ありがとうございます。


続きを読む »

どうやって相談します?

母が、たこやきをかってきて台所に置いていったようです。
外出から帰ってみた私。
「パパリン、二箱あるけど、いくつチンする?」
パパリン・・・・・「お腹と相談しなさい」と。

私・・・・・うーん、相談したくても、お腹って、どうやってコミュニケーションすればいいんでしょうねぇ。
と、・・・・・ふと、不思議に思いました・・・・・のですよっ。

わぁ。これって、すごく変わり者って・・・・・ひょっとして思われます??

ちなみに、私、一応、お腹をトントンとノックして聞いてみましたけど・・・・・?


続きを読む »

ナンパしちゃいました~~!!

またかぁ・・・・・と、思われそうですが・・・・・
今日は初めて勇気を出して??ある女性をナンパしてきましたぁ。

実はね・・・・・
前から、ボイスセラピーというものに興味があって、インターネットで申し込みが出来る講座があるんです。
ぎりぎりまで迷っていて・・・・・(私にしては珍しいのですが・・・・・)
まずは、ボイストレーニングの講座の見学をしてからと決めました。
それで、この先生の講座があまりにも素敵だったので、浮気はしたくないな?と、思いはじめました。
それでも、ボイスセラピーという言葉がどうしても心に残るのです。
思い切って、昨日、見学の申し込みのお電話を入れました。

大体見学は20分ほどと聞いているので、今回は、終了の40分くらい前につきました。
(本当は朝ゆっくり寝ていて、時間が少しずれたんですけどね)
毎回絵本を読みながら、グループワークもするというもののようです。
今回お邪魔したときは、「あおくんときいろちゃん」の絵本を使ってました。

お話の筋は、あおくんときいろちゃんが仲良く遊んでいて、二人はあまりにも仲良しなので、みどりちゃんになってしまいます。
それで、おうちに帰ると、両方のパパママから、うちの子じゃないと言われ、泣いてしまいます。
そして、涙が、ぽろぽろ・・・・・
すると、その涙が、あおと、きいろに分かれるんですね。
そして、二人はそろって、あおくんの家に帰り、パパママに抱きしめてもらい・・・・・
あおくんのパパママは、今度はきいろちゃんのパパママに事情を説明してくれるんです。
そのパパママも嬉しくて、仲良くなって、みどりちゃんになる・・・・・仲良しだねっと。
なぁんて、いうお話だったように思います。(何しろ見学者ですからいい加減な記憶かも?)

それを、色画用紙やら、葉っぱやら、包装紙などで表現するというものでした。
ほほぅぅ。奥が深いですね。
ただ、まだ入門というコースのようで(春の講座も続くのか??)ちょっと迷いました。

帰りに、教室のある21階のトイレで、受講者のおひとりを見かけたんですね。
でも、私はとりあえず、7階の受付で「見学者バッチ」を返し・・・・・
結局はその方とはすれ違いだと思ったんですね。
7階のエスカレータに乗り込むとなぜかその方がいらつしゃる。
思い切って、「今日は見学をさせていただいてありがとうございます」とお礼を言いました。
すると、気さくに「いえいえ、良かったら是非どうぞ」と暖かいお言葉。
地下鉄まで、色々お話して来ました。

途中なぜ受講しようと思ったの?と聞かれたので、「電話相談の時に心の中を出していただけるように
それも、できるだけ思いを出していただけるように、優しい話し方をしたいんです」と。
そして、きのう「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と書いたようにクロールの息継ぎの話をしました。
息は吐ききらないとドンドン古い空気ばかりになって、苦しくなっちゃうのですよ。
これは私のへたくそな水泳の経験からなんですけどねぇぇと。
昨日の今日ですからね・・・・・思いを強く語っちゃったようです。

すると・・・・・その方がおっしゃるのです。
「実はね・・・・・主人が難しい人でね。いつも心にもやもやとストレスが溜まると、息をふぅーーーーっと、吐き切るの。
それって良かったのよね。落ち着くもの。そんな対策で乗り越えてるのは恥ずかしいのだけど」と。

もう~~!!このときの私の感動っっっ。
そうかぁ。息を吐くのってそんなに効果があるんだぁと。(オイオイ、自分でいってるじゃん)
同じ事を思ってくれる人がいるって嬉しくないですか?
私はものすごく嬉しくてね。
「あのぅ。もしお時間があったら、お茶でもしませんか」と・・・・・ナンパしちゃったわけです。
それから二人でコーヒーを飲みながら、ホットドックを半分こして、色々なお話をしました。

この方はね。
捨てられたり、傷だらけになった猫ちゃんを自費でお医者様に連れて行き、治療して里親を探すという事までされているようです。
「本当にね。人から見るとおバカみたいって言われるのよね」と。
いえしえ、とんでもない。なんで素敵な事でしょう~~!!

実はね・・・・・
見学させていただいているときも、21階でお見かけしたときも、なぜかこの方とお話がしたくてたまりませんでした。
今までそんなふうに思った事はないので、不思議だなぁと、自分でも思ってました。

人との出会いって、そんな運命的なものがあるんですね。
そして、マタマタ、桃太郎の回想の一部分までしちゃった・・・・・
おーい、momotan~~!!君は変だぞっ(自分自身の声・・・・・あはっ)

お年をお聞きすると、私と同じ辰年(一回り上ですけどね)
嬉しいですね~~!!
帰りは、暖かい手で握手をしていただき、次回は、講座に行きますと、お約束をし、(ランチをする約束も)
かえってきました。

私ね・・・・・
本当に人見知りで、人にこんなふうに話しかけるなんて事はめったに無かったのですけどね。
どこで性格が変化したのか・・・・・うーん。

帰ってパパリンに報告したら・・・・・
「はいはい、momoの好奇心の枝はどこまで続くのだろうね」と。
心配になって聞きました。
「あのぅぅ。私、こんなに好奇心旺盛だと・・・・・離婚されます??」と。
パパリン、「はぁぁ????心配ありません」と。

今日の私は超ご機嫌でございます~~!!
ちなみに、今日の方も、「私も人が大好きでね」と。
むふふっっ。やったぁ・・・・・








続きを読む »

あれぇ??

今、北原白秋さんの「五十音」を見ていたら・・・・・
啄木鳥って・・・・・啄木(たくぼく)鳥って書くんですね。
なんだか、私の頭の中は、石川啄木さんに鳥の羽が生えたような・・・・・

いやん、誰かなんとかしてください~~!!
頭から啄木さんの画像が離れないわっっっ



続きを読む »

私から、あなたへ......(だいじょうぶ、だいじょうぶ)

辛かったわ
でも......
逃げたくなかったの

なんだかね
そこで逃げてしまうと
自分が崩れてしまう気がしたから

だから頑張っていたの
でも......
辛かったわ

そんな時
ふっと、力を抜いたの
そうしたら、少し楽になってね

ほら......
クロールで息継ぎするでしょ
あの時、息を吐ききらないと
入ってくる量はドンドン少なくなって
余計に苦しくなるのよね

息は吐ききらないと
愚痴は出しきらないと
いけないってね
すごくすごく分かったわ

多分ね......
新しい良い空気は空っぽになった
大きな胸にしか
入ってこないと
そんな風に思えるようにもなったの

自分が頑張って
どんなに良いお顔をしたつもりでも
素直に認めてくれない人っているもん

そんな時は
そこで頑張る力を少しだけ抜いて
他に使ってもいいと思うの

そうすると
ちょっとだけ他の世界の楽しさが見えるよ

それはね
逃げる事じゃないから

私もね
そうして乗り越えてきたから
あなたも......
きっと、だいじょうぶ.

いつも私
見ているから
ちょっと頼りないけどねっ

ちゃんと見ているから
だいじょうぶ、だいじょうぶ.....




続きを読む »

朝から大失敗です

いつものように、MP3をかけながら......
「いつも君の味方」なんていう曲をウンウンと、うなづき......
パン屋さんでレジに並び「お持ち帰りですか?」ときかれ......
はっと気が付いたぁ。
イヤホンをしたまま......
慌てて外し......ごめんなさい。

イヤー、ホンとに申し訳ないです(オイオイ、本当に反省してるんかぁぁ)
朝から大失敗です。
音楽が体と一体化していて、イヤホンに気づきませんでしたぁ。ふうっっっ


続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。