プロフィール

 (小川桃佳)  momotan

Author: (小川桃佳) momotan
空を見るの大好き!
雲を見るの大好き!
大きな宇宙に守られて、今日も小さな幸せ感じてます。(それでも時々へこんでます)
だって人間だもんっ

誕生数秘学カウンセラー、
(あなたのお誕生日から性格、流れも見せていただきます)
スピリチュアルボイスカウンセラー。

良かったら、メールでも下さいね。
tokotan1107☆hotmail.com (☆を@に変えてねっ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐうたらりんの私......お洗濯編

私はお洗濯だーーい好きなんですよ。
とにかく、何でも突っ込んで洗ってしまう。
だーい好きな割にはずぼらに洗うの。

そして、干すのもだーいすき。
でも、干し方はこだわりもなく、ずぼら。

そして、取り込むのもだーいすき。
ただし......大好きなのはここまで。

その後が面倒なのよねぇ。
たくさん洗うから、余計に面倒なのですよ。
山のように取りこんだお洗濯を一枚づつたたみ......
そこまではなんとか出来る。

この後、しまうのが面倒なのですよ~~!!
ふぅぅぅ。
こういう気持ちって私だけかなぁ。

と、いう事はですよ。
なんでもかんでも突っ込んで洗わなかったら、量は減りますよね。
でも、それが出来ないから、こまってしまう。

いつもぐうたらな自分との戦いです。

それと......ひとつ癖があってね。
私のストッキングはいつも片足だけ裏返しなのです。
一体どうやって脱いでるんでしょうねぇ

自分の事ながら......不思議ちゃんなのですよっ


続きを読む »

スポンサーサイト

けちな私......アラカルト

まずは......

アイスクリームや、ヨーグルトの蓋に付いたのを、なめちゃう事

破れたタイツがなぜか捨てられない事(パンツの下にはけばいいかな?なんて)

帰りの遅い私は、スーパーによると、夕方の値引き(○○円引き)につられてしまう事
それを半額になるかなぁと、心の中で期待してしまう事

顔を洗う時、ジャージャーと水を流して洗うのだけど、少し心に「勿体ない」と思う事

テレビを見ながらうたた寝していても、ぼんやりと目を覚ますとテレビだけ消してまたうたた寝続ける事

包装紙とか、綺麗な箱とかがすぐに捨てられない事

デパ地下の試食をした時、美味しいなと思って買う気になり値段を見て止めたりする事

服を捨てる時、ボタンは取っておこうかな?などと思う事

娘の廃棄した服を、ごそごそと探し自分の物にしている事(時々あきれられる)

シャンプーとか、詰め変えたビニール袋の中にお湯を入れて一回分として使う事

まだまだあると思うけど......まずはこれにて。



続きを読む »

懺悔......盲腸の彼編

この間話した事で、またまた良い気分の事があります。
盲腸の彼の入院での上司様のコメント。
「どうして五月の連休に手術しなかったんだ、あいつは何考えてる」と。

今日は、その彼がもう出勤してきたのですよ。
びっくり~~!!
そして、今日は明日からの異動のため大幅に机などを移動してます。
それを手伝おうとするから(確かに全員がやってるのだから気になるとは思うけど)
「ダメぇぇぇ。お腹が破れちゃう~~!!」と、慌てて止めました。

それを横で聞いていた、この間の上司様。
「そうだぞ。momoさんの言うとおり、今無理したら大変な事になる。手伝うな」と。
なんだかねぇ。ちょっと嬉しかったのですよ。
こういう気持ちのやり取りを私は本当に望んでいるんです。
同じ働くのだから、相手を思いやって......なんてね。

そうすると、急にまたまた懺悔しなくてはと、思いました。
その上司様の真の心を私はちょっとゆがんでとってたかも......と。

又ひとつ......アーメン。
神様、お許しくださいませ。

おはようございます~~!!

今日の日差しは何?何?
と、言うくらいすごい日差しです。

暑いという言葉を通り過ごしていくような......
ばてないように、さぁ気合を入れて......

お仕事だ。お仕事だ~~!!

今日もみなさまにとって良い日でありますように......


続きを読む »

しっかり娘?・・・・・長女編

長女は、次女に比べてかなりの変わり者。
この子が私の血を一番受け継いでいるかも??

とにかく、何にでも好奇心が旺盛で・・・・・
でも、なんだかどこかずっこけているのです。
それも、小さな頃から・・・・・
何でもやる事は抜けているし、
やろうとすると、どこかピントが外れている・・・・・

思い出せば小学二年くらいだったと思うの。
またドジをした娘に私はこういいました。

もう「まぁちゃん、本当にぃぃぃ・・・・・あなたはちょっと注意力散漫病だよ」と。

すると、まぁちゃんは、「ねぇねぇ、あのね・・・・・サンマンビョウって・・・・・何分?」と。
もう・・・・・あいた口がふさがらないのです(もっともすぐに計算して答えられなかった)
「あのねぇ、サンマンビョウは、三万秒ではなくて、散漫病なの」と、訳の分からない説明をし
私は必死で、計算したのです・・・・・
一分は、60秒。30000÷60は・・・・・と。
数字に強いと自負していた私としては必死だったのです。

この子も嫁に・・・・・
あぁぁ、先が思いやられるぅぅぅ


続きを読む »

おボケ娘・・・・・次女編

さっき南州さんのブログに、タニシの卵の事が書いてあって・・・・・
タニシっていうもの自体が私にはうまく想像できないのです。
名前と、形はなんとなく分かるのだけど・・・・・
それで、田舎育ちのダンナサマが色々教えてくれるのです。
「昔食べたでしょ」
 「食べれるの?」

「ほら、酢味噌和えとか」
「だって、直接見た事がないの」

「タツボとも言うんだよ」
 「もっとわからないよぉぉ」

するとその時・・・・・知ったかぶりの娘が大声で歌いだした・・・・・(この子はダンナサマびいき)
「タツボに追われてとっぴんしゃん」って言うじゃん。

ほぅぅぅ、
ん??
まてよ??
なんか違わない?

「ねぇ、それを言うならねぇ。チャツポに追われてとっぴんしゃん、じゃない?」

しかし・・・・・さすが我が娘。
知らぬ顔をしながら・・・・・「とっぴんしゃんってなんだと思う?」と方向を変えたの。
これがまた、すぐ乗りやすい母「わからないよ」
「あれはリズムなんだよ」と娘。(さっきの恥さらしをなんとかしようと考えてるらしい)

まっ、大人の母としてはここまでにして・・・・・
急いで調べました。

「ずいずいずっころばしごまみそずい、茶壷に追われてとっつぴんしゃ(ん)、ぬけたらどんどこしょ……」

これは、信楽で小学校の授業でこの歌を学習するとか。

この歌は、江戸時代の茶壷道中(行列)を歌ったものだそうです。
 毎年、新茶の季節になると、将軍が飲むお茶を宇治まで受け取りに行く行列が、東海道を下ってきます。
そして、新茶を積み込んだのち、茶壷に入れて、東海道、中仙道を江戸へ帰っていくのです。

 この茶壷は、「お茶壷様」と呼ばれ、籠に乗せられました。庶民はこの茶壷が通るときに沿道にいてはいけないので、

 慌てて家に入る→「茶壷に追われて」
 戸をぴしゃりと閉める→これが「とっぴんしゃん」
というわけです。

 そして、茶壷が通りすぎた後(→「抜けたら」)、「やれやれ、いったぞ」
と安心して戸を開けるのが「どんどこしょ」だそうです。

全訳はこんなかな......
「お茶壷様が来たら、戸をピシャンとしめ、ごま味噌でもなめてじっとしていよう。
お茶壷様が通りぬけたら、どんどこしょと戸を開けて外で遊ぼうよ」

そして、この茶壷が、信楽焼きだったのです。

って・・・・・なんでタニシの話からこう発展するのぉぉ??
でも、ひとつお勉強になりましたぁ。

でも、この娘、これでお嫁に行くのよ~~!!おそろしやぁぁぁ





続きを読む »

真夏の果実

今朝、テレビを見ていたらサザンのCDの話をしてました。
それで思い出しましたよぉぉ

五年ほど前、ふと持っていたCDを聞きました。
前にはそれほど泣けなかったのだけど......
急に胸が切なくなって......
毎日、毎日、泣きながら聞いてました。
パパリンが単身赴任をしていて、寂しくて、淋しくて、サミシクテ、さみしくて......
どれだけ、心の中に書いたかなぁ。
淋しいと言う文字を色々な変換をして......
そんな日を思い出して、また新たにパパリンに寄り添おうと......
なんだか今日はいつもより素直に思える......

四六時中、好きといってほしい......今でも......これからも......



「真夏の果実」

作詞作曲 桑田佳祐

涙があふれる 悲しい季節は
誰かに抱かれた夢を見る
泣きたい気持ちは言葉に出来ない
今夜も冷たい雨が降る
こらえきれなくて ため息ばかり
今もこの胸に 夏は巡る

*四六時中も好きと言って 
 夢の中へ連れて行って
 忘れられない Heart & Soul
 声にならない
 砂に書いた名前消して
 波はどこへ帰るのか
 通り過ぎ行く Love & Roll
 愛をそのままに

マイナス100度の太陽みたいに
身体を湿らす恋をして
めまいがしそうな真夏の果実は
今でも心に咲いている
遠く離れても 黄昏時は
熱い面影が胸に迫る

*四六時中も好きと言って 
 夢の中へ連れて行って
 忘れられない Heart & Soul
 夜が待てない
 砂に書いた名前消して
 波はどこへ帰るのか
 通り過ぎ行く Love & Roll
 愛をそのままに

 こんな夜は涙見せずに
 また逢えると言って欲しい
 忘れられない Heart & Soul
 涙の果実よ

*****************

ちなみに、なぜ昔はこの曲にそれほど泣けなかったのか......
「四六時中」というフレーズが......
私には、近所の中学の「じもくじ中」に聞こえてならなかったのです。

あぁぁ、こんな事書くと、また変わり者と言われるのでしょう?
書かなきゃ良かった~~!!かも??


続きを読む »

懺悔します

この間の会社の話の一部です。
私のお向かいの席の人が、資格がないのに昇格してしまったお話を書きましたね。
先週私がお休みした時、彼も一日体調が悪くてお休みしたんですね。
次の日は、私が休んでしまったから、きっと私の仕事もしてくれていたと思います。
体調悪かったのに、申し訳ないなぁと、言う気持を伝えなくてはと、思い切って
昨日の夕方、「お体具合いかがですか?私がお休みしてしまって迷惑かけてすみません」
「うん、熱が出て、下痢しちゃったよ」と彼。
「私も一緒ですよっ......あっ、それと、昇格おめでとうございます」と言いました。
やはり、人のお祝い事はきちんと言いたいなといつも思っているのです。
この間書いた事と、少し矛盾しているけど昨日は素直にお祝いが言えました。

すると彼は......
「おめでたくないんだよ...本当は嫌なんだ。組合できちんと資格をとって昇格
なんて話をしてる当人が、資格もなくて上がるなんてさぁ」と。
それを聞いて、私は頭をガーーーーーーーーーーンンンンンン。
なんて、私って嫌な人間だったんだろう。
人の気持を考えず、なんだか自分のグチばかり書いてた......
彼は喜んでいるのだと思った......
うーーん、嫌な人間だぁ。

でも、へこんでも仕方がない。
ちょっとだけ私が素直になったから、神様は、私にこういう贈り物をくれたの
ではないかと考える事にしました。
何も言わなかったら、彼の苦悩は私には伝わらなかったもの。
私はずっと、心の中で、ブスブスと、何かがくすぶっていたかもしれない。

もちろん、彼にはこう言いました。
「そんな事はないですよ。みんなが実力を認めてくれたから......
普通は一科目で昇格するんでしたよね。じゃ、三回のチャンスみんな頑張って取ったらどうです?
そうしたら、やっぱり○○クンは偉いっっと、みんなから言われちゃいます。それで気持は
クリアですよっっ」と。
なんだか、素直に言えちゃったのですよっ(みなさんにこの間、心の荷物もってもらったから)

彼は少し照れながら「そうだよね。今年は頑張るから」と。
この言葉がなんだかとっても嬉しかったのですよ。私......

やっぱり、人に話してみると、自分も見えるし、心が軽くなりますね。
ここで、この間書いた事、懺悔しておきます。アーメン......

ps,でも、彼の話し方は、ちょっとまだ態度がでかいですよ。あははっ


続きを読む »

今日の車中......ガードレディ?

毎日同じ電車に乗っている少々体格の良いお嬢様がいます。(私も人の事は言えないけど)
そして、いつも後ろで髪を三つ編みにして束ねているのです。
その長さも腰まで......
それは、それは見事な三つ編みで、昔、私の友達でものすごく髪の多い子がいて
いつもその子を思い出します。
ほら、神社なんかで、鈴に付いているような縄ってあるでしょう。
それはそれは見事な三つ編みなのです。
そして、その髪の束ね方と、体格と、服装から、絶対にガードレディだと私は思って
いたのです。(確信は無いのだけど、こんな人が守ってくれるといいなぁと思ってた)

今日はその彼女のすぐ後ろに立ちました。
何気なく、見ていて、なんだか違うなぁ、なんか雰囲気ちがうんだよなぁ....とぉぉぉ~~!!
縄がぁぁ、縄がぁぁ、ないぃぃぃ~~!!(人の事なのに、なんと失礼な私)
彼女の長い髪はバッサリと切られていて、ゴムでしばってはいるのだけど、
私の大好きだった三つ編みは無いの......

おまけに、彼女が読んでいるものを見ていたら......
富山大学の卒論か何かのようでした。(そこまでチェックしすぎ?)
と、いう事は、彼女は大学生??
ほぅぅぅ。そんなに若くは見えなかったけど......そうかも??

想像力ってすごいものですね。
普通の大学生をガードレディなんて思っていつも見ていたのだもの。
私は、人の見る目が無いのか??
それとも、想像力がありすぎるのか??

さぁ、どっち~~!!(って、料理ショーじゃないっつうのっっ)

やってしまった

今、課長様が請求書を訂正してと......手渡した。
朝、頼まれていたのだったのだけど......何が?

この間のお葬式の生花の代金......
何がいけないんだろうと見るとぉぉぉ

○○冠婚葬祭互助会と、振込先は間違いがない。
ただし、請求書の支払い先が......○○観光葬祭互助会。

こりゃ、いけませんぞな......もし。
やっちゃったのね......久しぶりに......(うそつきmomo)



続きを読む »

もうすぐ三ヶ月

4月からはじめたブログも三ヶ月近くなりました。
色んな方の人生を見させて頂き、ウンウン、そうなの......と、色々な思いを
持って訪問させて頂いてます。

自分の事を言うなら、この三ヶ月、私は随分かわってきました。
誰にも言えない事をここでは書いてます。
もちろん、100とは行かないけど、かなり奥の気持まで書いてます。
何度も何度も書いては消し......
こんな事書いたら、読む人は嫌だろうなと思ったり......
でもそんな時、「良いんだよ、書けば......削除されてなくてよかった」と
言ってくれた方たち......
嬉しくて涙がいっぱい出たの......

今までは、何か書くと反応が気になったりした......

でも、今は、「この私」「このままの私」を見ていてくれる人たちがいるし......
私もそうやって見ている......
もうそんなに飾らなくても(そんなつもりは無かったけど振り返るとその傾向がある)
良いんだと思うととても気持が楽で、豊かになって来ました。

そして、毎日見させて頂いているあちこちのブログのみなさま。
コメントはさせて頂いてない時もあるし、なんだかピントがずれているかもしれないけど......
ブログをはじめて毎日がとっても充実してます。
パソコンの向こうに、私の事を受け入れてくれる人がたくさんいる(と、信じてるんだもん)
うまく言葉に出来てなくても、私の真意をきっと読み取ってくれると思ってるし。
こういう関係って、本当にいいなぁと思っているのです。

と、感動やの私はいつもいつも同じ事を書いてますが......
でも......本当に、いつもいつも思ってるものなぁ。
お歳のせいで、くどくなったのかしら?
まっ、それでもお付き合いよろしくお願いします......です。


続きを読む »

i逃げるが勝ち......なんて事もありよね

昨日、元同僚の女の子からメールが来ました。
ご近所付き合いの事でした(詳しくはかけないけど)
その時、私は昔悩んでいた事を思い出しました。
お隣さんとの間でした。
仲良くしてる時は、いいのだけど、事がひとつあると変わったりする事もあるでしょ。
子供の事で小さな溝が出来ました。
悩みましたねぇ......
もうどうにもならないと思った時、ダンナサマがこう言いました。
「momo、どうにもならなくなったらお引越しをすればいいの。家族が一番なのだから。
家族ですみやすい所に行けばいいんだよ」と。
この言葉で、随分助けられました。
もちろん、お隣さんとは今でも仲良しですし。
(子供が大きくなると接点がなくなるから、良い関係が保たれてます)

その時の事を思い出して同じ事を言いました。(パクリと言うのか??これ)
すると、彼女は「そうかぁ、それは考えてもみなかった。そうですよね。そういう
道もありですよね。」と。
なんだか元気に「おやすみなさい~~!!」なんてメールが帰って来ました。
「逃げるが勝ち」って事だってありますよね。
無理やり突き進んでも、自分がウツになってしまってはどうにもならないもの。
逃げる方が勇気がいるって事もたくさんあるはず。
なぁんてね~~!!




続きを読む »

浮き輪を投げるから......ねっ

私は、よく友達にいう事があるんです。
おぼれそうになったら、いつでも、浮き輪を投げるからって。
これは、私がよく経験する事なのですが......
考えて、考えて、考え抜いても、なんだかうまくまとまらない時があります。
自分の事でも、友達の事でもです。

そんな時、ふぅぅっっと息を抜く事があります。
もうだめっ、もういいやっと開き直り、本当に「時の流れに身をまかせて」しまうのです。
ぼーっと、流れに浮かびながら......
そうすると、何かしらフッと、自分にあった言葉が飛んでくるような......
これも、私は「神様の贈り物」と呼んだりするのですが......

ある時は、ドラマのひとことだったり、ある時はお医者さんの待合室で横からみた雑誌
だったり......

友達にも、自分が体験した事は、話せます。(これが一番の解決法ではないかもしれないけど)
時には、流れに身を任せて、のんびり漂よう......
もしも、波が来てさらわれそうだったら、真っ先に浮き輪を投げるね。
それまでは、心配しながら見てる、いつでも話してもらえるようにそばで見てる..と。
これは、私が日ごろ周りにしてもらっている事だから......

不思議に思う事......ホチキス? ホッチキス?

朝、ふとコピー機に書かれている文字が気になりました。
毎日使っているものでも、見過ごしているものってあるのですよね。
「ご注意」原稿のクリップ/ホチキス/ポストイット/などは取り外してご使用ください。」
この「ホチキス」が異常に気になりまして......
周りの人に聞いてみたんですが......みんなホッチキスというなぁと。
さてさて、このナゾは......

どうしても気になって、気になって......
ホッチキスの由来を調べてみました。
正式名は、ステープラーって言うのですよね。

では、なぁぜぇぇ??
日本に初めてホッチキスが入ってきたのは明治36年。
そのホッチキスはアメリカ製の卓上型でボディに"HOTCHKISS No1"という刻印が
入っていました。
コネチカット州のエーライ・H・ホッチキスが興したE.H.HOTCHKISS社の製品だったので、
その社名が入っていたのです。実はアメリカの会社の名前なんですね。
バンドエイドとか、エレクトーンとかの商標が通称になっているのと同じですね。

でも、これじゃやっぱり私の最初の疑問は解決出来ない~~!!
ホッチキスが多いのか......ホチキスか......
このナゾが......まだ解けないよっ。

私の特技?

私は本当に寝つきがいいのです。
特に、あーーぁぁ、眠い・・・・・と、言い出すと、どこでも寝てしまう。
タオルをたたみながら、その山を枕に寝てしまったり・・・・・

今日もいつもより早く帰った娘の食事を出し終えて、「ごめん、眠くなっちゃった」と。
クッションを目の前に置き「多分三秒で寝るから」と・・・・・
三秒で寝てしまったか・・・・・(自分では夢の世界に入ったら分からないけど、多分そう)
後片付けは誰がしたんだろう??(決して後片付けが嫌で寝てしまったわけではありませんから)

前に、寝つきの悪いお友達と一緒の時も、「ごめんね、すぐに寝ちゃうから」といった途端
寝てしまうので、もう~~!!飽きられる事、あきれられる事。
そして、うたたねの時は、ちゃんと二時間たつと目が覚めるのです。
人の睡眠のリズムをちゃんと守っている??(レム睡眠っていうのだっけ?)

とにかく、あきれるほどに、寝つきの良い自分に、本当に参ってます。
いかにも、ノー天気な性格に見られちゃうでしょ?
それが、一番の悩みなのです。


続きを読む »

浴衣ファッション......デパートのウィンドウにて

お昼過ぎ、JRの切符を買いに駅まで行きました。
買い終えてから、デパートのショーウィンドウをチラチラ......
可愛い浴衣がいっぱい並んでます。

この浴衣の着付け、中々可愛かったですよ。
浴衣を着て、帯は、リバーシブルですね。
それを折り返しながら普通に結んでます。
帯の上から赤く見える紐は、ストールのようなジョーゼットの素材でした。
それをねじりながら、体に二回巻き付けているようです。
(これでは一本のように見えますが、実はニ本です)
そして、それをただ結んでいると言うものです。
中々可愛いですよ。
最近の浴衣ファッションは、昔と違ってこういう風に着なければならないっていう物が
ない感じで、浴衣の柄にしても大胆なものや、古風なもの、その人の個性が光りますね。
なんだか良い感じです。

前に大阪の船場で洗える着物を娘たちに買ったのだけど、この時の帯の結び方も
中々可愛かったです。
大きくチョウチョ結びにして、一方を(チョウチョになってない下の部分)この
チョウチョ結びの結び目に巻く形です。
ちょうどそれが「ネコ」の役目をします。
そして、そのままたらすのです。(こんな説明じゃ解からないですよね~~!!)
と......これからの季節、是非、その人らしい個性を演出してもらいたいものです。

ちなみに......私は、浴衣以外自分で着られません~~!!という、情けない人でございます。



続きを読む »

婿殿自慢

我が家の娘たちは、昔でいう適齢期は過ぎているような??

その二人が今年、9月と、11月に結婚する事になりました。(ほっっ)
でも、色々問題がありそうだ......
長女のお姑さんになられる方は、同じ位の歳だけど、とってもしっかりしていて、五月の連休にお会いした時、しっかりと色々言われてへこんだぁぁ。

まっそれは良いとして......
土曜日、やっと次女の方がドレスが決まり......
親バカながら、可愛いなぁと見てました。
それにしても、高級ブティックのようなお店で(ここにいくのは二度目)お値段もドレスが二着作れる位のレンタル料金。
でも、娘と彼がニコニコ選んでいるのだから......まっいいか。

本当にこの彼は、礼儀正しくて、好青年なのですよ。
ちびっ子の娘とは背がものすごく違い、「背を削ってきてよぉぉ」などと娘が文句を言うと
「削れないから座ろうかなぁ」とか。
娘のドレス姿を、それはそれは楽しそうに見てくれる......
あちこちに付きあって色々批評してくれたり......
「色々付き合わせてごめんなさいね」と言うと、「これも今しかない楽しみだし、可愛いくて納得のいくものを着せて上げたいから」と言ってくれる。

本当は、もっとお値打ちなお店でも見たのだけど、彼がもっともっと素敵なものを着せたいなどといってくれてやっと今回のお店で決定です。

と、言ってもこの彼はお金持ちのお坊ちゃまではなく、ごくごく普通の家庭のお子さんで、ドレスを
見に行った帰りにはいつも食事をするのだけど、きちんと残さず食べるのです。
これがとっても好感が持てます。

そして、どこにいっても「優しい彼ですね」と言われるらしいのです。
娘が言うのです。「みんなそう言うのだけど、誰も私の事はほめてくれないんだよ」と。
本心は、自分の事より、彼を誉められる事は嬉しいに違いないので......
母としてはちょっとヨイショしておきました。

彼がほめられるのは嬉しいよねぇぇ。私もパパリンがほめられるのはものすごく嬉しいわぁ。
でもね。みんながほめてくれるのは......それはあなたがほめられているのと同じなんだよ。
この素敵な彼が大切にしてくれる彼女。どんなに可愛い性格の人なんだろうと思うもの。

なぁんて、ヨイショしまくりましたが......
最初に書いたわがままな言葉を吐く娘......
その娘を可愛がってくれる彼には、本当に本当に感謝してます。

長女の彼も長女を大切にしてくれるから......
私はちょっと幸せ色に包まれてます。

それにしても、ドレスってどうしてあんなに高いんでしょうね。
もっとも、長女は、ジミ婚でいくらしく......
二人の感覚に同じ年にあわせる母はちょっと大変なのですが......
あとは、長女のカラードレスだけ。
それと、来週は、とんでもない所でやろうと言う長女の式場(小淵沢)まで打合せです。

ふぅぅぅ。疲れるね。
でも、嬉しい疲れだ......

みんな幸せになってもらいたい......
そのためにはどんな事でも、してあげたい......
そんな風に思うグウタラ母でございますぅ~~!!

ps,次女が言うのです。友達が「彼で良いの?」と言うんだよと。
すかさず私は言いました。
「大丈夫。パパリンを選んだ時は、私もそう言われた。でも、その同期たちが口をそろえて
言うのよ......momoは良い人を選んだね。momoは、結婚してからも全然変わらないもの。
......と。だから、あなたも大丈夫。本当に優しい人は、いつまでも優しいから......」と
出世しなくても、いつまでもこのままの笑顔を保ってくれるならそれで良いの。
そんな風に私は思ってます。


続きを読む »

おはようございます~~!!

今日もお空はニコニコさんです~~!!
それにしても暑いですねっ
水不足が心配です......

さて......お仕事、お仕事~~!!
って、もう時間は過ぎてますが......
山のような書類を整理し......落ち着いた所です。

今日もみなさまにとって良い日でありますように......



続きを読む »

舞姫・・・・・さだまさし

mokurenさんのリクエスト?から・・・・・
実は、私はこの歌、知らないのですよ。
CDかってこようかな~~!!

「舞姫」

作詩・作曲 : さだまさし

 一度だけ恋をした そのひとは旅人
 何時の日か必ず 帰ると 約束した
 たまゆらの浅い夢と 仲間達は笑った
 帰らない必ず そのひとはもう帰らないと
 その日から舞姫は 踊り続けて待ち続けてる
 それ以来誰の声にも 心を揺らさず

 余りにも長すぎる 時を待ち続けたが
 何一つ彼女は 変わらずに過ごした
 ある人は未練と言い ある人は健気と言い
 いつかしら彼女は 一途と呼ばれるようになる
 どんな日も舞姫は 踊り続けて待ち続けてる
 あれ以来誰の声にも 心を移さず

 頼まれた訳じゃない 私が好きで待っている
 待つことを不幸だと 思うあなたの方が不幸
 意地でなく楽しみで待っているとしたなら
 私はなんて幸せな人生だろう
 私が待っている間は
 この恋決して嘘じゃない
 待つことを止めたそのとき
 恋は死んでしまう
 舞姫は 笑って言う
 愛した人を嘘つきと
 呼ばせはしない この生命懸けて
 恋を死なせはしない

 「一途」と言う名の舞姫の
 踊りを見たことがあるかい
 悲しくてすてきで切なくて
 人生そのもの

 「一途」と言う名の舞姫の
 踊りを見たことがあるかい
 悲しくてすてきで切なくて
 人生そのもの

 ららら ららら ららら

***********************

私も一途に・・・・・思っていたい・・・・・
そんな人でありたい・・・・・
そう思っちゃいました~~!!




続きを読む »

失格主婦でございまするぅ~~!!

私は、本当に失格主婦なのですよ。
料理は好きなのだけど、へたくそ・・・・・(最後の味付けがいい加減かも??)
一番は、とにかく片付けるのがへたくそ・・・・・(整理整頓するのに時間がかかるし物が捨てられない)
散らかっているのが嫌なくせに、片付けたくないと・・・・・まぁ、これ以上のダメ主婦はないですねぇ。
整理するアイデアは悪くないと思うのだけど・・・・・(アイデアだけでは片付かない)

それと、物が捨てられないんですね。
やっと、片付いたかと思うと、また何かしら散らかす・・・・・という具合。
時々、自分でも情けなくなってしまいます。

特に洋服など、何年もタンスの中で寝ているものもあるのに・・・・・
みなさんは、どんな風にしていらっしゃるのかなぁ・・・・・
一枚買ったら、一枚は捨てようね・・・・・と、ダンナサマは、やさしく言うのだけど・・・・・
ちっとも捨てられない。

整理の本などを読んでは、ウンウンと納得しては、それまでに至らない。
こういうのをイタラナイ妻と言うのでしょうか?

さぁて、お掃除しようっと。


続きを読む »

ももたろうって・・・・・

私の永遠のテーマにと言われている「ももたろう」
実は、去年の卒論のテーマだったのですよね。
師の認知症の検査項目に「ももたろうのお話はどこまで覚えている?」と言うこがきっかけでした。

さて・・・・・それで、こんな風に項目を作ってお一人お一人に笑いながらインタビューしたのです。
ももたろうのお話って子どもの頃は「ウンウン」って、不思議ながらも納得して聞いてましたよね。
それが、大人になってもう一度考えてみると・・・・・
子どもの頃、不思議だった事が、なんだか自分なりに、また楽しめる感じですよね。
もしも、よろしかったら・・・・・
何かのコミュニケーションのひとつとして一項目でも、使っていただくと、楽しいですよ。
桃の流れる川だってお一人お一人イメージや表現が違うもの。

ちょっと書いてみますね~~!!

1.桃が流れてきますね。
 その時の川のイメージは?
 川幅は?深さは?.....どんな感じでしょうか?
 そして桃が流れてきたとき、どういって流れてきたとと思いますか?(音は?)
 その桃の大きさとか、形とかは何かイメージがありますか?

 2.なぜ桃だと思いますか?(栗太郎でもなく、梨太郎でもなく)
 なぜ、桃にたとえたんでしょうね.....
 昔話は色々あるけど、あなたの中の桃太郎は、有名な方ですか。
 もし、そうだとしたら、なぜ桃太郎のお話は有名なのでしょうね?

 3.柴刈りってどんなものだと思いますか?
 
 4.桃太郎はどこから生まれたのかしら?
 
 5.桃を切ったとき、どんな風に割れたと思いますか?
 どのくらい切ったら.....
 桃太郎はどんな風に入っていたのかしら?
 そして、どんな風に出てきたのかしら?
 
 6.なぜ、家来は、キジ、イヌ、サルだと思いますか?
 
 7.キビ団子ってどんなものだと思いますか?
 なぜお団子なのかしら?
 いくつくらいでどの位の大きさかしら?
 色はどんな色かなぁ・・・・・

 桃太郎の歌がありますよね。
 ♪桃太郎さん、桃太郎さん、お腰につけたキビ団子ひとつ私に下さいな♪
 さて......このあとの歌はどう続くでしょうか?

 8.あなたの中の桃太郎のお話は、どこで『めでたし、めでたし』と完結していますか?

9.宝物は、最後は誰のものかしら?

10.桃太郎の物語の中で、あなたの一番印象に残っている場面はどこでしょう?

 **** おまけ **** 
 あなたがもしその時代に生きていたら、桃太郎のように鬼退治に行きますか?

 **** おまけのおまけ ****
 あなたにとって鬼って何でしょうか?

 **** おまけのおまけのおまけ ****
 あなたにとって桃太郎って何でしょうか?


正解など全くないから、ご家族やお友達との会話にでも使っていただくと・・・・・
結構お話が盛り上がりますよっ。

ps.ちょっとこんな風に・・・・・
「ねぇねぇ、桃太郎って知ってる?」
 「うんうん、昔聞いた事あるよ」
「桃を切るでしょう。ほら包丁で、どのくらいまで切る?(と、ちょっと包丁で切るまねをする)」
 「このくらいかな(と、相手も多分言葉か、態度で言ってくれると思います)」
 (もしくは、あれっ、「ここまで切ると桃太郎が切れちゃうか?」なんて不思議に思うかも?)
そこで話がちょっと盛り上がったり・・・・・
「じゃ、桃太郎って切った時、どんな風に中に入っていたと思う?」
 「うーん○○かなぁ(自分の思うことをいってくれるはず)」
「へぇぇ。なんか面白いよね~~!!」と。

これが数人に同じように質問すると、答えはちょっと違ったり・・・・・
同じ答えでもその人の表現方法が違うので結構楽しいです。

いくつもの質問じゃなくても、ひとつだけで中々楽しいですよっ。
特に、年代の上の方は、桃太郎に触れた歴史?から時間が長く経ってしまったわけですから・・・・・
意外と「分からない、忘れた」なんていいながらも楽しく話してくれますよっ。
子どもの頃のお話なんかも一緒にしてくれるかもしれません。
それなら・・・・・しめたっ・・・・・って感じですね~~!!

良かったらお試しくださいませ~~!!


足が二本も折れたぁぁぁ

昨日、掃除機を念入りに掛けようとおもって.....テーブルをずらしました。
すると、テーブルの足が腰砕けになってしまい.....
みるとぉぉぉぉ
折れてるっっっっ

慌てて、ダンナサマに、電話。
「足がね.....足がね.....折れちゃったの。どうしよう」

慌てたダンナサマ
「大丈夫か?どうしたんだ?」

「あのね。あのね。ほんとにただ動かしただけなのに、折れちゃったの」
と、パニックになる私。
話をしていくうちに、テーブルの足だと分かったダンナサマ。
「あのね。帰っていくまで待ちなさい」とひとこと。

かえって様子を見たダンナサマ。
「これはひどいなぁ。momo.....まさか.....この上にのったんじゃないよな??」

うっっっっ、失敬なっっっ
でも、時々色々なものに乗っては、破壊してますけどぉぉぉ。
今回は絶対、動かしただけなんだから.....自信をもっていえるんだ~~!!


続きを読む »

おはようございます~~!!と、書こうと思ったら

もうこんにちは~~!!の時間ですね。

昨日は色々ご心配おかけしました。
もう元気はつらつです~~!!

今日は今までの○のちの電話の研修、最後なんです。
中期にも進むことにしました。
昨日ダンナサマに、話しました。
「もう10回になるんだよ、助けてくれて有難う」と。
ダンナサマひとこと.....「良く頑張ったね.....,momoは、ほら、会社だけじゃなくて
まだ張り合いのある居場所があるんだから、頑張れよ」と。
うーん、嬉しい~~!!

中期に行くには、「私の考える電話相談ボランティアについて」なんてレポート2000文字があるんですね。
それも一応書き上げ、なんとか前向きになってきました。

そうだ。私には、これも、桃太郎もついているっ。
八月には、桃太郎先生と岡山のデジタルミュージアムに行くんだっ。

へこんではいられない。
頑張ることにいたそう.....(なんだか、時代かかってる言葉ですね~~!!)

今日もみなさまにとって良い日でありますように.....




続きを読む »

えっ。ところ天食べるの一本箸じゃないの??

不思議に思って書いたのですが.....
あれ?
ところてんって一本の箸で食べるのを知らない方がいらっしゃる??
これは、年代なんですかしら。
それとも.....
うーん、不思議ちゃんの私としては、これは調べねば.....と、思いちょっとだけ調べてみました。

ある掲示板でもそんな話が出ていて.....
ちょっと頂いてきちゃいました。

箸一本で食べる理由。
ところてんというのは昔から食べられていました。
歴史上での登場は、奈良は聖武天皇(在位724~749)のころ、国分寺へ頒布する
経文の写経生に「ところてん」を支給した記述が残っています。
「てんぐさ」は、「石花菜」と書かれ、これを煮溶かして利用すれば盛夏には暑気をはらい、
厳冬には寒気にたえると言い伝えられていました。
このようにところてんの歴史は深くその間ところてんは箸一本で食べるようになり、
また箸2本で食べるようになっていったのです。

では本題に.....
その昔ところてんは天草を煮溶かして漉した物から作られていましたが、天草の状態や
煮溶かし方によってお店ごとに随分と硬さや粘度に差があったようです。 
そしてその喉越しの良さを決定するのもこの硬さと粘度に起因している為、その強さを
示す為にあるお店が一本の箸でも崩さずに食べることができるということを宣伝したのが始まりとか。

その後うちのところてんも一本箸で食べれるぞ!と競い合ううちに広まっていったものと考えられます。 
又、ところてんは冷たく冷やして食べるものですから、夏の暑いときに「ざぶざぶっ」と食べるのが
一番おいしいわけですが二本の箸で食べるとあっという間に食べれてしまい一鉢何文かは
判りませんが高く感じない様にわざと食べにくくしたというのも一因かもしれません。 

現在ではところてんは天草だけではなく寒天も一緒に使ったりして粘度や強度が一定のものが
簡単に作れるようになってきたため、特に一本の箸で食べれる事を強調する必要もなくなり、
冷蔵庫などで充分に冷やしてから冷房の効いた部屋で供される為、一気に喉に流し込む事もなくなったわけです。
だから普通の食べ物を食べるように二本の箸で食べるようになったのです。

なぁんて、事でしたがいかがでしょう??
ちょっと納得したりしますね。
一度、一本箸で食べてみてはいかがでしょう?
時間がかかるって事は、満腹感も.....得られるかも??

寒天ダイエット.....したいけど、粉寒天が売り切れだよ~~!!
シュン.....



続きを読む »

不思議に思うこと・・・・・ところてんの食べ方

みなさまのお陰で元気になってきました~~!!
グウグウねていて、目が覚めちゃったぁ。
しっかり寝ると心も軽くなりますね
ありがとうございました。
私はこの方が自分には、あってます~~!!


さてさて・・・・・
今、寒天ダイエットなんてはやってますね。
この間、「あるある」でやった次の日、ネットで粉寒天を検索したら、すべて売り切れてました。
と・・・・・こんな話はいいとして・・・・・

ところてんってありますよねっ。
昨日、それを食べようとして・・・・・
ん?
昔、ところてん食べるときって、一本のおはしで食べたなぁと思い出しました。
みなさまの地域ではどうでした?

それを思い出した途端、「なぜ?・・・・・なぁぜ?・・・・・」と、頭の中がところてんだらけになってしまいました。
一本のおはしで食べるって何か意味があったのでしょうか?
うーん、なぞっっっっっ


続きを読む »

TOBE

TOBE

 浜崎あゆみ

誰もが通り過ぎてく 気にも止めない どうしようもない
そんなガラクタを 大切そうに抱えていた
周りは不思議なカオで 少し離れた場所から見てた
それでも笑って言ってくれた “宝物だ”と

大きな何かを手に入れながら 失ったものもあったかな
今となってはもうわからないよね
取り戻したところで きっと微妙に違っているハズで...

君がいるなら どんな時も 笑ってるよ
君がいるなら どんな時も 笑ってるよ 泣いているよ 生きているよ
君がいなきゃ何もなかった

自分自身だったか 周りだったか それともただの
時計だったかな 壊れそうになってたものは

ガラクタを守り続ける腕は どんなに痛かったことだろう
何を犠牲にしてきたのだろう
決してキレイな人間(マル)にはなれないけれどね いびつに輝くよ

君が見つけた 広くもない こんな道で
君が見つけた 広くもない 狭くもない こんな道で どうにかして
君がひとり磨きあげた

君がいたから どんな時も 笑ってるよ
君がいたから どんな時も 笑ってたよ 泣いていたよ 生きていたよ
君がいなきゃ何もなかった

********************

これも大好きですね~~!!
君がいなきゃ・・・・・なんてそばで歌ってほしいのだけど・・・・・
ダンナサマは、オンチなのです・・・・・がくっっ


LOVE Destiny

LOVE
 Destiny

 作詞 浜崎 あゆみ
 作曲 つんく
 唄 浜崎 あゆみ


 ねえ ほんとは 永遠なんてないこと
 私はいつから 気付いていたんだろう
 ねえ それでも ふたりで過ごした日々は
 ウソじゃなかったこと 誰より誇れる

 いきてきた 時間の長さは少しだけ違うけれども

 ただ出会えたことに ただ愛したことに
 想い合えなくても La La La La… 忘れない

 ねえ どうして こんなにも苦しいのに
 あなたじゃなきゃだめで そばにいたいんだろう
 ねえ それでも ほんのささやかな事を
 幸せに思える 自分になれた

 ありふれた言葉でも ふたりで交すなら意味を持つから
 ただ出会えたことで ただ愛したことで
 想い合えたことで これからも…

 真実と現実の全てから目を反さずに 生きて行く証にすればいい

 ただ出会えたことを ただ愛したことを
 2度と会えなくても La La La La… 忘れない

**************************************

こういう切ない曲も好きなんですねぇぇ、私・・・・・


Musical baton

ろんさんからMusical batonをまわしていただきましたぁ。

Q1. コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
これ、多分入れてないです。
と、言うのか良く分からないのです。
ほとんどCDで聞いてますから・・・・・

Q2. 今聞いている曲
さだまさしさんの・・・・・と、言いたいのですが・・・・・
子ども向けの遊び歌を聴いてます。
手遊びなどを練習中。

Q3. 最後に買ったCD
最近、お友達に頂くばかりで・・・・・
やはり、さださんの「恋文」かなぁ。

Q4. 良く聞く、または特別な思い入れのある5曲
順位はばらばらですが・・・・・

1.秋桜(さだまさし)
2.LOVE~Destiny~(浜崎あゆみ)
3.奇跡(さだまさし)
4.さよなら大好きな人(花*花)
5.道化師のソネット(さだまさし)

Q5. バトンを渡す皆様
さてさて、誰におねがいしましょう。
どなたか書いて下さるといいけど・・・・・





続きを読む »

『まぁちゃんと雲さん』

まぁちゃんは、お空を見るのが大好きなんです。

特に真っ青なお空がとっても好き!!
真っ青な色画用紙に、真っ白な綿を貼り付けたような雲。

いつも...いつまでも...まぁちゃんは見ているのです。

ある日のことです。
とっても気持がいいお空です。
いつものように、まぁちゃんは、ベランダで遊びながら、お空を見ていました。

今日の雲は......あっ、あちらは綿菓子だ......
あらら、こちらは、なんだかお魚みたい......

まぁちゃんの心の中は、もう雲さんの事で一杯です。
わくわく......ドキドキ......

気がつくと......
まぁちゃんは、雲のブランコにゆられていました。
二人乗りのブランコのお隣には、かわいい雲のワンちゃんがちょこん。
「まぁちゃん、あそびましょ~~!!」と。

もちろん、おやつは、綿菓子。
いつもは、ママに、たくさん食べると虫歯になっちゃうよ~~!!と
おどかされるのだけど、今日の綿菓子は飛び切り大きくておいしいの。
おまけに、雲おじさんは、その上に、チョコパウダーなどかけてくれるんです。
もう~~!!まぁちゃんは、ご機嫌です。

ブランコから降りて、お部屋に行くと......
ふわふわの雲のソファ......。
おうちのソファより気持いいなぁぁ。
大好きな積み木もやわらかい~~!!
「ふわふわりん~~!!ふわふわり~~!!」と、お歌まで出てきます。

そして......

「まぁちゃん、ベランダでお空みて、寝ちゃったでしょ」と、聞きなれた声。

そうなの......
まぁちゃんは、お空の雲を見ながら、気持ちよく寝てしまったのです。

あのソファは気持良かったな......
綿菓子のチョコがけは、おいしかったな......

今度はどんなものに出会えるのかしら。
まぁちゃんは、一人でクスクス笑ってしまいました。

ママは、きょとんとまぁちゃんを見つめるのだけど......
これだけは、大好きなママにも......ひ、み、つなの。

だって、今度もチョコがけの綿菓子、おなか一杯食べたいもの......


おはようございます~~!!

今日は良いお天気ですね~~!!
みなさまの所はどうですか?

さて.....やっぱり、めまいと熱っぽさが取れません。
今日もお休みしよう.....
今まで病気でお休みしたことは数えるほどだったのに.....
ちょっと悲しい感じです。

でも.....
まっ、月曜日からフル稼働すればいいことだからと、言い聞かせて、少しゆったりすることにしました。
来週は遠くまで行かないと行けないから、体力残しておかないと.....

昨日、何度も書いては消し、なんてした記事。
今朝も読み直して、色々考えることが出来ました。
書いてしまうと、自分がちゃんと見つめられますね。
今まで何が言いたかったのか.....
少し分かってきました。

暖かい心使いが欲しかったのだと思います。
あっ、私に対してだけじゃなくて.....です。
人に対して、なんだか悲しい言葉を聞いたのが、切なくなってしまったのですね。

それと、自分自身も、どこかで「こんなに頑張ってるのに」なんて押し付けがあった気がします。

このブログのみなさんになら、話せちゃうと思って書いたのが、結局は自分を見つめることになりました。
なんて、またまた朝から重い思いを書いてしまいましたが.....
もう元気です~~!!

今日もみなさまにとって良い日でありますように~~!!
こんな風に心から言える毎日が、ちょっと嬉しくもあります~~!!



続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。