プロフィール

 (小川桃佳)  momotan

Author: (小川桃佳) momotan
空を見るの大好き!
雲を見るの大好き!
大きな宇宙に守られて、今日も小さな幸せ感じてます。(それでも時々へこんでます)
だって人間だもんっ

誕生数秘学カウンセラー、
(あなたのお誕生日から性格、流れも見せていただきます)
スピリチュアルボイスカウンセラー。

良かったら、メールでも下さいね。
tokotan1107☆hotmail.com (☆を@に変えてねっ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おきあがりこぼしのように

よく見ているメルマガなんですが・・・・・
バックナンバーを見ていたら、ちょっとウンウンと思うことが書いてあったのですよ。

おきあがりこぼしのように

うーんと、右に倒すと・・・・・うーんと左に揺れる。
そして、真ん中に自然に戻っていく。

苦しい時は、片側ににゴロン
嬉しい時は、反対にゴロン
バランスを取りながらゆれて戻っていくでしょう。
無理をすると苦しいから・・・・・
ゆれながら戻っていきましょうか。

そうそう・・・・・起き上がりこぼしって・・・・・こぶしじゃないんですよね。
起き上がり小法師(おきあがりこぼし)は、福島県会津地方に古くから伝わる縁起物・郷土玩具の一つである。
起姫ともいう。会津の人にとっては「赤べこ」の次に馴染みのある郷土玩具である。
稚児をかたどった可愛らしさがある。
会津地方ではこの小法師を「十日市」という毎年一月十日に行なわれる縁日で家族の人数+1個を購入し一年間神棚などに飾る。
「ウィキペディアより」

*********
へぇ。福島の玩具なんですね。
七転八起とか、無病息災とか・・・・・良いですねっ。

スポンサーサイト

自分を好きになること

私は、小さいころから、なんか自信がなくて‥。
子供のころ親に言われていたのは、「内弁慶」
今では死語でしょうか。
一人っ子だから、親の目も行き届くし
外ではいつもニコニコいい子にしましょうと、なんとなく思っていて
家に帰ってもちょいいい子。父親が帰ってくると、めちゃ悪がき。
(だってどんなことをしても、父がかばってくれるもの)あはっ

自信がないから、今でもわからない事があると、不安になって.....
どんどん色々なことに首を突っ込みたくなります。
あまり自分が好きじゃなかったんです。

でも.....でも.....
最近は、今まで手を広げていた事が少しずつ結びついてきました。
.....と、言うことは、欠点かも?と思っていた自信のなさのおかげ?
おやまぁ。
本当に、性格って表裏一体ですよね。

最近若いお友達が増えてきて、よくこんなふうに話します。
大好きな部分は、もっともっと伸ばしていただけばいいし.....
ここは好きじゃないなぁと思うところは、ちょっと見方を変えると、大好きな部分に変わるかも?ですよ。と

そして、私の大好きな先生は、おっしゃいます。
何事もいい悪いはない.....と。
正しい、正しくないもない.....と。
人生の流れも、山あり谷あり.....その流れの中で、どんなものをつかんでいくのでしょう。
今までの人生の中で、どんな流れの中にいたのでしょう。

なんてちょっとご興味のある方は、よかったらお誕生日から、性格や人生の流れを見させていただきますよ~~!!

ニュートラルに.....

一年半ほど前、色々な事が重なって、心が疲れてました。
自己嫌悪に陥ったり.....
ううん、今までの人生を否定されたような気持ちもしたこともあったかも?
その時、「寄り添う」ということの意味が初めてわかりました。

人から相談事を受けたとき.....何かをしてあげようではなくて.....ただ寄り添う。
案外出来るようで出来てないんですよね。

心理学をはじめたとき、人の心はジャガイモのようなものといわれた言葉を覚えています。
ジャガイモって、暗い所に置かれてますよね。
日はあたらないし.....
草花のように、栄養も上げないですよね。
でも.....こんなご経験はないですが?
ジャガイモの芽が思いっきり伸びていること。
(あっ、余談ですが.....この芽は食べちゃいけませんよっ。毒ですから)

人の心も同じだと思います。
自分の中に答えは本当は持っているのですよね。
時には、それが雲の中の太陽だったりしますけど、必ず自分の道は自分で見つけられるんです。
「人ってすばらしい~~!!」ですよねっ

だから、まずは、その人が、話していることに寄り添ってあげてほしいですね。
回り道をしても、自分で見つけられたとき、感謝の気持ち、感動が生まれますから。

さて.....私がその落ち込んでいたとき、めぐり合った先生がこうおっしゃいました。
それがストンと、私の気持ちを軽くしました。

人は、ややネガティブに偏っているもの。
それは、色々な危険から身を守ったりするために、ちょっと不安な事を考えたり出来るからです。
そして、ちょっとそれよりポジティブな場所がニュートラル(中庸)です。

よく、お水の話がたとえられますが.....
コップにお水が半分、入っている
あぁぁ、半分しかお水がない.....(これ、マイナス思考ですよね)
あぁぁ、半分もお水があり.....(これ、プラス思考ですよね)

でも、半分しかお水がないと思っている時に、「半分もっっ」と思えるでしょうか。
苦しいときの私は、そんなふうに思えませんでした。
でも.....でもですよっ。
「お水が半分ある」ということは、事実ですよね。(これニュートラル思考)
事実だけを素直に受け止める.....
それが心にストンと落ちた時、何かしら、そのお水が愛しくなってきました。

そんなちょっと愛しいお水を飲んだとき.....
体はどんな風に変化していくのでしょうね。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。